番組紹介

放送時間: (日) 21:00-21:55
提供: ベスト電器
出演: 斉藤ふみ

リラックスした時間が流れる日曜日の夜。誰しも青春時代に心を動かされた音楽は印象深く、今でもその影響が残っていると思います。
番組では1970年代から2000年代の間で、その世代なら心に響くアーティストの曲と、その当時流行ったちょっとした話題を交えながらお送りします。「NO MUSIC, NO LIFE!!」そんなあなたのための番組です。

【2018年10月14日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

シェイプ・オブ・マイ・ハート/スティング (映画『レオン』)
イッツ・プロバブリー・ミー/ 〃 (映画『リーサル・ウェポン3』)
ウィル・ビー・トゥゲザー/スティング feat. アニー・レノックス 
(映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』)

涙をとどけて/スティーヴィー・ワンダー (映画『ディア・フレンズ』)
心の愛/ 〃 (映画『ウーマン・イン・レッド』)
迷信/ 〃 (映画『ヴァンパイア・イン・ブルックリン』、『魅せられて』など)

シー/エルヴィス・コステロ (映画『ノッティング・ヒルの恋人』)
マイ・ムード・スウィングス/ 〃 (映画『ビッグ・リボウスキ』)
アクシデンツ・ウィル・ハプン/ 〃 (映画『E.T.』)
ユー・ストール・マイ・ベル/ 〃 (映画『天使のくれた時間』)

*******************************

今回は、映画に音楽がよく使われるミュージシャン3人をピックアップして、
彼らの映画関係の曲を紹介しました。

映画において、音楽は重要な要素だとよく言われます。
例えば、何気ない風景でも、音楽を当てはめるだけでドラマティックに見えたりしますし。
それに、この3人の曲には、そもそも映像を喚起する力があるとも言えるのではないかと思います。

BMFG2018-10-14.JPG

【おかけしたCDの一部】
番組宛にメールをくださった方全員の中から、採用不採用に関わらず、毎月3名様にQUOカード×2,000円をプレゼントしています。あなたのご意見をお聞かせください。

【2018年10月7日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ANGEL/氷室京介
KISS ME/ 〃
DEAR ALGERNON/ 〃

ラヴ・カムズ・トゥ・タウン/U2
ミー、マイセルフ&マイ・マイクロフォン/リヴィング・カラー&ランD.M.C.
ゴヴィンダ/クーラ・シェイカー
堕ちた天使/ザ・ポーグス
ブレーメン/くるり
スポンジ/ブレッカー・ブラザーズ

**************************************************************

前半は、氷室京介さんを採り上げました。ある世代の人たちにとって、
「ロック・ヴォーカリスト」といえば、氷室さんだろうと思います。
氷室さんは、自分で曲を書きますけど、やはり「ロック・ヴォーカリスト」
の印象が強いですよね。

そして後半は、「ロックと他のジャンルの音楽との結び付き」を聴いていきました。
他のジャンルの音楽と混ぜ合わせると、ロックという音楽は、
枠にとらわれない姿勢を加速させる働きがあるのかも、と思いました。
BMFG2018-10-7.JPG
【おかけしたCDの一部】
番組宛にメールをくださった方全員の中から、毎月3名様にQUOカード2,000円分をプレゼントしています。

【2018年9月30日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ハンドル・ウィズ・ケア/トラヴェリング・ウィルベリーズ
もう一人じゃない/ 〃
シーズ・マイ・ベイビー/ 〃

歌の贈り物/ゴスペラッツ
星空のサーカス  ナイアガラへ愛をこめて編/ 〃
ウィー・ガット・ソウル・パワー/ 〃

ドント・ムーヴ/メタファイヴ
ラヴ・ユー・トキヲ/ 〃
ミュージカル・チェアーズ/ 〃

***************************************************************************

先週に引き続き、今回もスペシャルグループを特集しました。

こういうグループって、やはり短命な場合が多いですよね。
一本立ちできる実力派が集まったグループですから、
これはある意味、宿命なのかもしれませんが。

短期間でパッと起こる化学反応のインパクトを楽しむつもりで、
彼らの音楽に接するのがいいんでしょうね。
BMFG2018-09-30.JPG
【おかけしたCDの一部】
番組宛にメールをくださった方全員の中から、採用・不採用に関わらず毎月3名様にQUOカード×2,000円をプレゼントします。お便りお待ちしています!。

【2018年9月23日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

シー・オブ・ラヴ/ハニードリッパーズ
アイ・ガット・ア・ウーマン/ 〃
ロッキン・アット・ミッドナイト/ 〃

美しいこと/AJICO
青い鳥はいつも不満気/ 〃
深緑/ 〃

サム・ライク・イット・ホット/ザ・パワー・ステーション
ゲット・イット・オン/ 〃
コミュニケーション/ 〃

*************************************

今回は、実力派ミュージシャンがコラボしたスペシャルグループを集めて、お送りしました。

各々のミュージシャンが一本立ちできる人たちで結成している場合、意見や方向性のズレでぶつかっても、
かえって音楽的化学反応を起こすだろうし、意見や方向性がうまく合えば、強力な表現になるのでしょう。

このスペシャルグループ特集、次回もやります。お聴き逃しなく!

BMFG2018-09-23.JPG
【おかけしたCDの一部】

【2018年9月16日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ほうろう/小坂 忠(こさか・ちゅう)
流星都市/ 〃
しらけちまうぜ/ 〃

砂の女/鈴木 茂
スノー・エキスプレス/ 〃
レイニー・ステイション/ 〃

スティール・ギター・ラグ/久保田麻琴と夕焼け楽団
バイ・バイ・ベイビー/ 〃
ディキシー・フィーバー/ 〃

************************************

今回は、1975年に、日本のロック/ポップスに大きな影響を与えた名作を発表したミュージシャンを集めました。

今回採り上げた3人は、それぞれ、小坂忠さんは『ほうろう』、鈴木茂さんは『バンドワゴン』、久保田麻琴と夕焼け楽団は『ハワイ・チャンプルー』といった名盤を、75年に発表しています。

日本のロック/ポップスにおいて、この1975年という年には、他にも以下のような名盤が発表されています。

◆ソングス/シュガー・ベイブ
◆トロピカル・ダンディー/細野晴臣
◆ナイアガラ・ムーン/大滝詠一
◆キャラメル・ママ/ティンパン・アレー
◆コバルト・アワー/荒井由実
◆センチメンタル・シティ・ロマンス/センチメンタル・シティ・ロマンス
◆愛奴/愛奴
◆カルメン・マキ&OZ/カルメン・マキ&OZ
◆有頂天/サンハウス
◆英雄と悪漢/甲斐バンド

...これらが、1年の間に世に出たと思うと、ある意味、すごく充実した時代だったと言えるでしょうね。

BMFG2018-09-16.JPG

【おかけしたCDの一部】

番組宛にメールをくださった方全員の中から、毎月3名様にQUOカード×2,000円をプレゼントしています。ご意見・ご感想をお寄せください。


【2018年9月9日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ロック・タウンは恋の街/ストレイ・キャッツ
悩殺ストッキング/ 〃
涙のラナウェイ・ボーイ/ 〃
ビルト・フォー・スピード/ 〃

ウィキッド・ゲーム/クリス・アイザック
バッド・バッド・シング/ 〃
ブルー・ムーン/ 〃

アイ・ヒア・ユー・ノッキン/デイヴ・エドモンズ
リターン・トゥ・センダー(邦題:心の届かぬラヴレター)/ 〃
ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト/ 〃
オー・ワット・ア・スリル/ロックパイル

************************************************************

今日9月9日は、1956年に、エルヴィス・プレスリーが、アメリカのテレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に初めて出演した日ということで、今回はエルヴィス・プレスリーに影響を受けたと思われるミュージシャンを採り上げました。

全体的に、ロカビリー/オールド・ロックの雰囲気になりましたね。50年代の人たちにとって、ロカビリーという音楽は、70年代のパンクのような位置づけだったと思うので、それを受け継いだ80年代以降のロックミュージシャンの底力や勢いを感じていただければ、と思います。
BMFG2018-09-09.JPG
【おかけしたCDの一部】
今月も番組宛にメールをくださった方全員の中から、抽選で3名様にQUOカード×2,000円をプレゼントします。

【2018年9月2日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース/ベリンダ・カーライル
サークル・イン・ザ・サンド/ 〃
輝きのままで/ 〃

すみれSeptember Love/一風堂
September/aiko
セプテンバー/アース、ウィンド&ファイア
September Blue Moon/松任谷由実
September/竹内まりや
9月半島/今井美樹

**********************************

今回前半は、ベリンダ・カーライルを採り上げました。ソロになってからのベリンダは、日本やヨーロッパで人気だったので、80年代には彼女のファンだった方も多いと思います。

後半は、9月に突入したということで、タイトルに9月(セプテンバー)が付く曲を集めました。夏の終わりなので、曲の題材にしやすいと思ったのですが、そういう曲は、こちらの想像より多くなかったです(笑)。でも、印象的な曲が多いですね。他には、グリーン・デイの「Wake Me Up When September Ends」や、ムーンライダーズの「9月の海はクラゲの海」などもありますし。

BMFG2018-09-02ふみ.JPG

BMFG2018-09-02.JPG
【おかけしたCDの一部】
今月も、番組宛にご意見・ご感想をお寄せくださった方全員の中から、
抽選で毎月3名様にQUOカード×2,000円をプレゼントします。

【2018年8月26日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ギーク・イン・ザ・ピンク/ジェイソン・ムラーズ
アイム・ユアーズ/ 〃
アンロンリー/ 〃

ライディーン 79/07(ナナキューゼロナナ)/イエロー・マジック・オーケストラ
グリーン・オン・シルヴァー/サンシャイン・ラヴ・スティール・オーケストラ
ア・ストレンジ・アレンジメント/メイヤー・ホーソーン
放課後の音楽室/ゴンチチ
レッド・カーブ/レイ・ハラカミ
ザ・ダウンタウン・ライツ/ザ・ブルー・ナイル

************************************************************************

今回前半は、ジェイソン・ムラーズを採り上げました。今やシンガーソングライターとして有名になったジェイソンですが、「アイム・ユアーズ」でヒットを出した頃より前の、ラップの影響を受けたような曲を出していた初期も捨てがたい魅力があるんですよね。そして、今月発売のニューアルバムには、その初期の感じも少し楽しめます。

後半は、「暑苦しくない音楽」を独自に選びました。個人個人の感じ方があるので、涼しい音楽とは言い切らずにお送りしました。多少なりとも、涼しさや心地良さを感じていただいたなら、嬉しく思います。

BMFG3018-08-26.JPG

【おかけしたCDの一部】

【2018年8月19日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

ゲリラ・ラジオ/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
ブルズ・オン・パレード/ 〃
ウェイク・アップ/ 〃

Life goes on/Dragon Ash
AMBITIOUS/ 〃
Fantasista/ 〃

イン・ジ・エンド/リンキン・パーク
フェイント/ 〃
ナム/ 〃

*************************************************

今回は、ミクスチャー・ロックのカテゴリーに含まれるバンドを採り上げました。

主に90年代に、ヒップホップやファンクの影響が強いオルタナティヴ・ロックを、ミクスチャー・ロックと呼んでいました。近年は使われることが減った呼び名ですが、このカテゴリーに含まれるミュージシャンは、音楽的なクオリティーの面でも、他のミュージシャンや聴き手に与えた影響の面でも、未だに重要だったりするんですよね。

BMFG2018-08-19.JPG
【おかけしたCDの一部】

【2018年8月12日 プレイリスト】

  • 投稿日:
  • by

イエロー・ムーン/ネヴィル・ブラザーズ
サクサファンク/ 〃
セオラ/チャールズ・ネヴィル

ドリームズ/クランベリーズ
オーディナリー・デイ/ドロレス・オリオーダン
ザ・ジャーニー/ 〃

ドゥ・イット・アゲイン/スティーリー・ダン
リキの電話番号/ 〃
ブック・オブ・ライアーズ/ウォルター・ベッカー

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回は、お盆間近ということで、過去1年の間に亡くなったミュージシャンの中から、3人を採り上げました。

チャールズ・ネヴィルはネヴィル・ブラザーズ、ドロレス・オリオーダンはクランベリーズ、ウォルター・ベッカーはスティーリー・ダン、といったように3人ともグループで重要なポジションにいる人でした。3人ともちゃんとソロの作品があるのが、その証拠かもしれませんね。

BMFG2018-08-12.JPG