ピエトロドレッシング「BOSCO」公式WEBサイトはこちら  
 
ピエトロ・ボナ・ヴィータ!!!

今週のテーマは、「恋する仏像」!!
今日で最終回!私やっぱり「仏像」に恋してます!!


私が選んだ恋する仏像ベスト10  

私が選んだ恋する仏像ベスト10 かなり悩みましたが、旅行先で見てほしい仏像たちを考えたらこうなりました。是非、興味のある方は見てみてください。あくまでも私個人の視点です。

10位  東長寺  福岡大仏。

9位  観世音寺  馬頭観音菩薩立像。

8位  カンボジア  アンコールトム 四面仏顔。

7位  奈良 東大寺 法華堂  不空羂索観音立像

6位  タイ バンコク  ワットポー 巨大涅槃
像。

5位  京都 三十三間堂  千手観音菩薩立像

4位  京都 広隆寺 弥勒菩薩半跏像

3位  奈良  秋篠寺  伎芸天立像

2位  奈良  法隆寺  百済観音菩薩立像

1位  奈良  興福寺  阿修羅像。 
 
タイ バンコク  

タイ バンコク微笑みの国タイというだけあって、タイの仏像様たちは、とても優しい笑顔をしていて、身体は金ぴかで、装飾も宝石がいっぱいあつらえてあって、とにかく華やかでした。日本の仏像様のような奥ゆかしさや侘び寂びには欠けるかもしれないけれど、わたしは三日月のような美しく優しく弧を描いた眉毛と、その下の柔らかに微笑む目をみているだけで、なんだか幸せな気持ちになりました。バンコク最古の寺院ワットポーには、建物からはみだすのではないかと心配になるくらいの巨大涅槃像がいて、その全長は、なんと46m高さは15mもあります。まっすぐに大きな身体を横たえてでも顔はおだやかで、ちょっと休憩をしているよといった感じです。とにかく、大きいです。
奈良  秋篠寺  伎芸天立像  

奈良  秋篠寺  伎芸天立像 私が尊敬する、こうなりたいと願う仏像さまです。この伎芸天は、インドの最高神シヴァの、髪の生え際から生まれたと言われる天女で、シヴァのもつ無限の能力のうちの、技芸の技を受け継いだといわれる神です。技芸の技を持つ天女。この言葉だけで、しなやかな女性らしさは想像できると思うのですが、どんな人でも一気にトリコになってしまうだろう、仏像様にはもうしわけない表現かもですが、色気がムンムンに漂っているのです。でも、もちろんだれかに媚びているのではなく、どうしようもなく彼女に身に付いている気質で、すべての女性の理想のかたちだなあって思います。わたしはおもわずポーズを真似したのですけれど、なかなか難しくって、芸と女の道は厳しいと、思いました。
 
カンボジア アンコールトム 四面仏顔。  

カンボジア アンコールトム 四面仏顔。アンコールワットの北に位置する、10万人の人々が住み栄えた12〜15世紀の王都、アンコールトム。その中でも仏教寺院バイヨンには、観世音菩薩が彫り込まれた四面仏顔像(四面に渡って仏像の顔が石に彫られているもの)が林立していて、圧巻です。とにかくその数かすごいのですが、なんとひとつも同じお顔がなく、しかもそのなかにどれか必ず自分にそっくりなものがあると言われているのです。カンボジアに旅行に行ったときには、アンコールトムで是非、自分に似ているお気に入りのお顔を探すのがお勧めです。国によって仏像の顔も様々ですが、カンボジアの仏像様の顔は鼻が丸くってとても親しみやすい顔をしています。ちなみにその中で、もっとも美しいと言われているのが、第二回廊の北東にある仏像のお顔で「クメールの微笑み」といわれています。均整の取れた、とても上品な顔をしています。





とうとう、この日が、ピエトロボナビータ最後の日がやってきました。みなさん、ピエトロボナビータを6年間、最後まで聴いてくださって、本当にありがとうございました。

とにかく私たちが「いいな」と思うことをテーマに、少しでも共感してくれる人がいたらいいね、という想いで始めて、一体いつまでその想いや情報が続くのか、私自身想像できないままのスタートだったように思います。それが、気付けば六年間。取材に行って、原稿をまとめて、それを実際に形にして写真に撮り記事を書いてホームページに載せていく。それを毎週繰り返していく。もちろんこの番組だけをしているわけではなかったので、始めてすぐに、そのことがいかに大変な事かを身にしみて感じることになりました。でもそれだけに自分も番組に参加しているという想いは強く、日々大変なぶん、喜びも、それはそれは大きかったです。例えばその日のテーマに関しての共感メールが届いたりすると、本当に、やってよかったと嬉しくなりました。

日曜日の朝に、少しマニアックな番組を、みなさんがどんな状況で聴いてくださっていたのか、いまでも考えます。本当にありがとうございました。

番組は終わってももちろん日々は続いていき、みなさんももちろんそうですが、私はボナビータが持っていた、簡単にできる、でも少し気分が上がるおいしい生活を、ずっと続けていけたらと思います。

中にはそれは偽善であると指摘をくださる方もいらっしゃって、確かにそうかもしれないと思うこともありますが、それを考え続けているとすべてが薄っぺらで、そしてやがては生きていけなくなってしまうので、私は私が出来ることをやっていければと思います。沢山の反省をしながら、考えながら、それでも楽しく生きていきたいです。

もうすぐ母になります。そうすることでまた少し、考え方も変わっていくのかもしれません。私にとって未知の領域がすぐそこにせまっていることが、今は一番の楽しみで、自分が母親になるのだということは今でも不思議でなりませんが、それでも日々動くお腹の赤ちゃんとの一体感を感じながら、その時を待っています。

6年間、番組を聴いてくださって本当にありがとうございました。聴いてくださる方がいなかったら、番組は続けることができません。6年間という長い月日、本当に感謝しています。イベントに参加してくださった方々、ありがとうございました。取材に協力してくださった皆さんありがとうございました。ピエトロのみなさん、番組で必死に向き合ってくれた香織ちゃんはじめスタッフのみなさん、ありがとうございました。また、こんな風に心から愛情を注げる番組が出来たらと思っています。

みなさんどうか、健やかな日々をお過ごしください。

精一杯の感謝をこめて。

日々是好日。   さいとうふみ。

タイ プーケット。 奈良の大仏。 ベトナム  カンボジア
タイ プーケット。
日本の仏像はなかなか写真撮影ができません。けれど海外では結構オープンに撮影していい仏像様がたくさんいて、私にとってはとても嬉しいことです。この仏像様は、タイのプーケットで撮影しました。キンキンキラキラな仏像様はお澄まし顔でうつくしく、思わずポーズのまねっこです。
奈良の大仏。
奈良法隆寺にある、有名な奈良の大仏様。身体の大きさだけではなく心の器も大きく、珍しく写真撮り放題です。もちろんいつでもたくさんの観光客で賑わっていて、私はいろいろな角度から大仏様を楽しみました。
ベトナム 
バンコクからメコン川に向かう途中で立ち寄った仏教寺院でとった一枚。とてもかわいらしい仏像様?で、親しみがもてます。どこにいっても個性的な色使いやお顔が見れるので、発見があります。もちろん深い信仰心のもとに成り立っているのですけれど、私みたいに見るのがすき、という理由でも、かまわないのかも、と思わせてくれる瞬間です。
カンボジア
カンボジアの修復中の観音様です。カンボジアはかわいらしいお顔の仏像様が多くって、そしてひとつひとつの仏像が結構大きいので、みていてとても楽しかったです。建物が造られて行くのを静かにまっている様子が、素敵でした。



バックナンバー一覧