「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2020年2月21日 地域:中央区
過去の放送はこちら
白金きんもち

> TEL 092-401-1288
> 住所 福岡市中央区白金1-10-5 白金町1023 A13
> ジャンル 居酒屋
> オープン日 2020年1月31日
> 席数 25席(カウンター10席) / タバコ:禁煙
> 営業時間 17:00〜24:00(L.O.23:00)
定休日:日曜日
> 調査日 ■2020年2月14日
■天候 晴れ
■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、白金交差点のすぐそばにあるアッパー居酒屋さんです。
アプローチには、格子の目隠しがあり、店内は木目を基調としたカウンター、個室などがあり、和モダンな雰囲気。
代表の星野さんは、ホールから始まり、7年前から本格的に料理の道へ。
「博多ほたる 麻布十番店」や居酒屋などで修業し、和食料理人や寿司職人の先輩から和食のイロハを学びました。
この道12年。

コンセプトは、「ほっとできるお店」。
出汁を使った一品も多く、その出汁を引くのに利尻昆布や鰹節も良い物を使っています。
また、野菜は朝倉産が多く、福岡市内の青果店や朝倉市にある綾部農園から仕入れています。
魚介類は柳橋、古処鶏は朝倉から直送など、生産者、販売者の顔が見えるものしか扱いません。

メニューは仕入れにより変わっていき、面白い野菜があるとメニューに加えたりします。
今時の小料理屋という感じで、ポーションが小さく、ちょこちょこ色んなものが楽しめるようになっています。
しかし、小料理屋よりも低価格で敷居も高くなく、和食と大人な居酒屋の中間のような雰囲気です。
さらに、そうめんや土鍋飯、寿司まであるので、最後の締めまで楽しめます。
仲間との飲み会、女子会にも良く、デートにも使えるお店です。


チェック

現在は、アラカルトのみ。
コースは、今後、3800円から作る予定。要前日予約、4名様からの予定。
価格は税別。

※メニューは、仕入れにより変わるので、あくまでも取材時のものになる

【お通し】(350円)
お通しから出汁を使った一品を提供していて、基本的には「葛かけ」になる。
この日は、「古処鶏のモモと根菜の葛かけ」。
鶏肉や根菜、コンニャクを軽く炒めたあと、出汁で炊き、薄口、味醂、酒などを加えて味を調え、仕上げに葛をかけて出てくる。
福岡の郷土料理「だぶ」に似ている。
それぞれの素材の味が上手く重なり美味しい。
出汁がしっかりしていて、優しくほっとする味。

【刺身盛り合せ 5種2貫】(1390円)
内容は日替わりで、この日は、ブリ、浅〆さば、生本マグロ、本カワハギ肝巻き、タイ昆布〆。
ブリは、脂がのっていて、サバは軽く締めたもの、マグロは中トロの部分、カワハギは肝付きなのが良く、鯛は昆布の旨味があって良い。
刺身醤油、山葵が添えてあるので、お好みで。
様々な仕事をしている刺身がのっていて、このボリュームでこの値段は安い。

【朝倉生まれの古処鶏 もも串焼】(350円)
古処鶏は、もも串焼、唐揚げ、玉子とじなどあるが、我々は、もも串焼をチョイス。
古処鶏とは、赤どりになり、無農薬のトウモロコシを中心とした餌を与え、自然の中で、のびのびと長い時間をかけて伝統的な方法で育てたもので、限りなく自然に近い味わいの鶏。
そのモモ肉を大振りにカットし、鉄砲串に刺して、焼いたもの。
さらっとした良い脂で、程よい固さで噛み応えもある。
ピーマン味噌を添えているので、お好みで。
ピーマン味噌は、ピーマンと麹を醤油、砂糖と一緒に煮詰め、もろみ味噌と混ぜたもの。

【和牛と山芋の八幡巻】(500円)
山芋を拍子木切りし、牛肉のスライスで巻き、軽く塩をして、フライパンを使い、強火でさっと火を通す。
それをさらに焼き台で炙って香ばしさを出し、仕上げに粉山椒を振っている。
山芋のサクサク感が残っていて、牛肉の脂と山芋の味がよく合っていて、美味しい。

【甘藍ロウル】(1個400円)
甘藍(かんらん)は、キャベツのこと。
いわゆる、ロールキャベツになる。
豚ミンチではなく、鶏ミンチを使い、中に蓮根、桜海老などを入れて、和風に仕上がっている。
それを、利尻昆布と血合い抜きの鰹節を使った上品な出汁で炊いたもの。
アクセントにピンクペッパーを添えていた。
脂もしつこくなく、あっさりした味で良い。

【里芋ロックフォール】(600円)
里芋は醤油で炊いて味をつけ、揚げる。
それに、世界三大ブルーチーズのロックフォールを添えたもの。
これが意外に合う組み合わせで、ロックフォール独特の刺激とほっこりした里芋のコクが良い。
お酒のつまみに、ぴったり。

【カマス蛤出汁かけ】(900円)
カマスを3枚に卸し、食べやすい大きさに切って、軽めに炙る。
器にカマスを並べ、蛤でとった出汁をかけ、山葵を添えた一品。
シンプルに素材の味の組み合わせを楽しめる。

【京揚げとクレソン 巣ごもり】(600円)
京揚げとクレソン、しめじを、出汁で炊く。
器の真ん中にポーチドエッグを落とし、その周りに京揚げとクレソンを配することで、見た目が鳥の巣のようになったメニュー。
最後に出汁をかけ、黒胡椒を少し振ってアクセントをつけている。
卵を崩しながら食べるが、良い出汁を使っていて、上品な味わい。

■■攻略■■
【刺身盛り合せ 5種2貫】(1390円)はリーズナブルなので、頼むべし。

■■チョッチュ■■
出汁が美味しいので、最後の一滴まで楽しみたいです。
出汁を使った一品に付いてくる木のスプーンが出汁をすくいにくいので、替えて欲しいです。

■■オススメ店■■
星野さん 中央区「赤坂あきちゃん」

■■その他■■
客単価:飲んで食べて 5000円前後

ビールは、生600円から、瓶700円から。
ハイボールは500円から、酎ハイは550円から。
焼酎はグラス500円から。
日本酒は、グラス600円から、1合1000円から。
ワインは、グラス650円から、ボトル4500円から。

■■人気メニュー ベスト3■■
3位:【甘藍ロウル】(1個400円)
2位:朝倉生まれの古処鶏【もも串焼】(350円)、【からあげ】(600円)
1位:【刺身盛り合せ 5種2貫】(1390円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す