「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2018年8月17日 地域:中央区
過去の放送はこちら
浜焼き 栄鮮魚

> TEL 092-724-8090
> 住所 福岡市中央区渡辺通2丁目3-25
> ジャンル 居酒屋
> オープン日 2018年4月19日
> 席数 70席(カウンター4席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 17:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:現在、無休
> 調査日 ■2018年8月3日
■天候 晴れ
■時間 19時30分
> URL https://hamayaki-sakaesengyo.owst.jp/


内容

今日ご紹介するのは、電気ビルの裏手にある、浜焼きのお店です。
浜焼きとは、獲れたてや、生簀からあげた新鮮な貝類を、目の前のコンロで網焼きにして、アツアツを食べるスタイルのこと。
魚介類が書かれた提灯と大きな看板が目印。
店内は、海のそばにある浜焼き屋さんのような雰囲気で、活きのよい魚介類が入った大きな生簀があります。

以前、メシュランでも取材した「九州料理 ぜんざい」の姉妹店ですが、海鮮に特化し、福岡では珍しく、貝を焼いて楽しめるお店になっています。
元々、オーナーが壱岐で船を持っていて、スタッフも含めて釣り好きが集まっているので、この形態にしたそう。
壱岐で釣り上げたアコウやアラなどの新鮮な魚や、築地から空輸した鮪の中落ち、全国の貝を揃えています。
イケメン店長の武田さんは、ニューオータニや福岡の割烹、日本料理など、和食を中心に修行し、この道22年。
メニューは、フードもドリンクもかなりリーズナブルな設定になっていて、仕事帰りの1杯から、仲間や家族でワイワイ楽しんでも良い、気軽に立ち寄れるお店です。


チェック

アラカルトとコース。
アラカルトは、グランドメニューと、日替わりがある。
コースは、3000円から。当日可、5000円以上のコースは前日予約。2名様から。
飲み放題は、100分1500円から。アラカルトでも可。
価格は、アラカルトは税別、コースは税込み。

【お通し】(200円)
座ると出てきて、これが席料の代わりとなる。
内容は日替わりで、何種類か用意されている。
この日は、「のどぐろ肝の旨煮」、「イカ白子の醤油煮」。

【トロイワシ 刺身】(560円)
千葉産のイワシを1匹丸ごと使った刺身。
最近、イワシが高くなっている中で、リーズナブルに提供している。
程よい脂ののりかただった。
山葵、生姜、レモンがついてくるのでお好みで。

【焼きわらすぼ】(300円)
有明海だけで獲れる魚で、知らない人が見たらエイリアンのような姿。
今がちょうど旬のワラスボの干物になる。
ハサミで食べやすい大きさにカットして、目の前のコンロで炙って食べる。
しっかりした歯ごたえがあり、噛めば噛むほど味が出てくる。
お好みでレモンを絞って食べるとよい。
価格がリーズナブルで、お酒のアテに丁度良い。

【ふわふわさつま揚げ】(480円)
エソのすり身、ヒジキ、大葉を使い、大きなたこ焼きサイズにして揚げた、自家製さつま揚げ。
生姜醤油、柚子塩、レモンが出てくるので、お好みで。
とてもふんわりしていて、途中で出てくるヒジキの口当たりも良く、美味しい。

【〆サバ鮨】(700円)
1人前で片身の半分になる。
五島のゴマ鯖を、塩で1時間、酢に1時間漬け、軽く締める。
しめ鯖と御飯の間に椎茸の佃煮、山葵、大葉、ガリをみじん切りして忍ばせて作った寿司。
醤油を上から垂らしているので、そのまま食べられる。
ボリュームもあり、締めに食べてもよいし、途中のしのぎにしても良い。
酸味も強くないので、さらりと食べられる一品。

【豪貝盛り合わせ】(梅990円、竹1490円、松1990円)
貝は、常時6、7種類ほどある。
随時、面白い貝を探しているので、これから種類も増えていく予定。
梅で4種類、竹で5種類、松で6種類になるのが基本。
内容やボリュームは、仕入れによって変わる。
我々は、3人で松を頼んだ。
この日は、ヒオウギ(大分)、大アサリ(愛知)、サザエ(玄海)、沖シジミ(三重)、白貝(北海道)、白蛤(ホンビノス貝)(千葉)。
目の前にあるコンロで焼き、アツアツを食べられる。
自家製の醤油バター、ガーリックバターが一緒に出てくるので、焼くときに使うとよい。
2枚貝は、バターを使うと美味しく、白貝は醤油バター、大アサリはガーリックバターが合う。
卓上に貝醤油があるので、垂らしてもよい。
いくつかの貝は、焼き方のコツも書いてあるので参考にすると良い。
例えば、白蛤は、口が2cmぐらいに開いたらスープをこぼさないようにひっくり返し、ハサミで蝶番をカット。
さらに火を入れ、貝柱が外れたら身を裏返し、グツグツしたら完成。
大アサリはしっかり歯ごたえがあり、白貝は肉厚で食べ応えがあった。

【タイラギ貝】(1050円)
標準語では、「タイラガイ」と言う。
生簀で殻付きのまま活かし、注文が入ってから捌き、大きな殻にのって出てくる。
ちなみに、殻だけ大きくても、中身の大きさは開けてみるまで分からない。この日は当たりだった。
葱と紅葉卸とポン酢、山葵と醤油、どちらの食べ方もできるので、お好みで。
貝柱が大きくて、サックリとした噛み応えも良く、甘みがあって美味しかった。

■■チョッチュ■■
豪貝盛り合わせを頼んだら、貝によっては1、2個と数がバラバラなので、人数に合わせて注文できると嬉しいなぁ。

■■攻略■■
毎週日曜日は、生ビール、ハイボールなど、何杯飲んでも半額になるドリンクがあるので、狙い目。

■■その他■■
客単価:3500円 飲んで食べて

ビールは、ジョッキ550円から。
ハイボール、酎ハイは、390円から。
レモンサワーセット(2、3杯分)は800円、追加ボトル600円、追加レモン200円。
焼酎は、グラス350円から、
日本酒は、グラス380円から、

■■人気メニュー ベスト3■■
3位:【活きイカ造り】(1800円〜)
2位:【鮪の中落ち】(1200円) 1日3食限定 ※入荷できない日もある
1位:【豪貝盛り合わせ】(梅990円、竹1490円、松1990円) 松、竹が人気

■■オススメ店■■
武田さん 中央区舞鶴 焼き鳥居酒屋「はい〜YO〜」
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら