「ブチカン」から生まれた人気グルメコーナー『ザ・メシュラン』!
パーソナリティ、MC BUTCHと謎のアジア人が、地道に真面目に食べ歩いた福岡のいい店、
うまい店をご紹介。「ブチカン」が総力を結集しておくるグルメ情報です。
※掲載している情報は、取材時のものです。
価格等、内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

前回の放送
放送日:2017年8月18日 地域:中央区
過去の放送はこちら
ごはんや 飯すけ

> TEL 092-725-3366
> 住所 福岡市中央区大手門3-3-24 小金丸ビル1階 南側
> ジャンル 居酒屋
> オープン日 2016年1月12日
> 席数 19席(カウンター7席) / タバコ:禁煙
> 営業時間 ランチ 11:30〜L.O.15:00 / ディナー 18:00〜L.O.22:00
定休日:火曜日(水曜ランチ休)
> 調査日 ■2017年8月4日
■天候 晴れ■時間 20時00分


内容

今日ご紹介するのは、昭和通り、大手門1丁目の交差点近くから少し入った場所にある定食屋さんです。しかし、夜は、定食屋さんとしてだけではなく、おかずや一品物も多く、お酒と共にも楽しめるようになっています。お店は外も中も、白い壁に木材を使い、一見カフェっぽくて、女性1人でも入りやすい雰囲気があります。店主の三宅さんは、山口、東京、群馬の旅館、ホテル、料亭、「なだ万 永田町店」などで修行。和食一筋12年。他県で和食の勉強をしている時に、福岡の魚の美味しさを再認識し、カジュアルに出したいということで、福岡に戻り、定食屋さんをオープン。ですから、牛・豚・鶏などの肉類は一切置いていません。潔いです。魚は日によって仕入先は変わり、糸島、姪浜、長崎の平戸など。糸島や姪浜などは、朝から周っているそうです。厳選して、かなり良い魚を仕入れています。一人でも入りやすく、定食でも、お酒と共にでもOKな、美味しい魚介類を楽しめるお店です。


チェック

定食メニュー、一品物の他に、宴会コースも可。コースは、すっぽん、ふぐ、鱧なども扱える。
コースは、3000、4000、5000円、4名様から、要2日前予約。定食メニューは、メイン・御飯・味噌汁。
定食からメインのみを頼む場合、価格から200円引きになる。価格は税込。ノーチャージ。

【おまかせサラダ】(1人前400円、2人前1000円)
我々は、3人で1人前を頼んだが、それでもかなりのボリューム。内容は、日替わり。ちなみに、2人前になると値段が倍以上だが、盛り方も野菜の種類の数も変わってきて、倍以上のボリュームになる。この日は、レタス、サニーレタス、玉葱2種、ミニトマト(赤・黄)、アボカド、胡瓜、パプリカ、ジャコ、炙ったモロッコインゲンとエリンギ。
しそドレッシングをかけている。オイルが少なく、さっぱりしたサラダ。これは安い。

【刺盛】(1人前1500円、2人前3500円)
1人前はちょっとつまむ感じだが、2人前になると豪華。我々は2人前を頼んだ。内容と種類は仕入れによって変わる。この日は、タカバ(玄海)、ヒラス(平戸)、サザエ(玄海)、地アジ(平戸)、地ダコ(平戸)、石鯛(平戸)、ヤリイカ(玄海)、イサキ炙り(玄海)、イクラ(北海道)。イクラは、塩イクラを戻して?油漬けにしたもの。ツマはワカメ。山葵、葱、生姜が添えてあるので、お好みで。タカバ、ヒラス、石鯛のそれぞれの脂ののり方の違いも楽しめ、どの魚も新鮮で美味しかった。

【メゴチ天ぷら】(700円)
そんなに大きな魚ではないので、きちんとさばくのは面倒。松葉おろしにして、天ぷらにしている。肉厚な椎茸とモロッコインゲンの天ぷらも添えている。大根卸が入った天つゆ、宮古島の雪塩が添えてあるので、お好みで。
天つゆは、きちんと鰹節から作っていて、甘すぎず上品な味になっている。天ぷらにすると本当に美味しい魚。

【鱧の卵とじ】(800円)
玄海産の鱧を骨切りし、適度な大きさにカットする。白葱を細く切り、ダシに浸して火を通し、葱の甘味が出たら、鱧を加える。鱧に火が通ったら溶き卵を落とす。初めて食べたが、関西ではこのような食べ方もあるとのこと。
たっぷりのダシを使っていて、汁気もあり、鱧・ダシ・葱・卵の旨味を同時に味わえる。

【太刀魚の塩焼き】(1100円)
定食メニューからメインのみを頼んだ。かなり大きな太刀魚を使っている。一般的な居酒屋で見るモノの2倍くらいの大きさはある。御飯ではなく、「魚」でお腹一杯になってもらいたいという気持ちが入っている。ちなみに、定食でも小鉢はなく、メイン一本で勝負している。下火と上火を使い分けて、じっくり焼いているので、皮目はパリッとして、中はふっくらジューシー。大根卸とレモンが添えてあるので、お好みで。

【小イワシのトマトパスタ】(1200円)
大阪湾のアブライワシをソテーする。トマトにハーブ、塩を加えて煮込んで濃縮させたものに、アブライワシと鷹の爪を加えてソースにし、パスタと合わせる。上のパセリを散らしている。その名の通り脂ののった魚で、しっかりした味。トマトの酸味にもよく合う。

【漬物】
定食やお酒を飲む方は無料。漬物コーナーがあり、セルフサービスになる。内容は日替わりで、この日は、白菜の浅漬け、柴漬け、高菜漬け、沢庵があった。白菜の浅漬けは八女のおばあちゃんが漬けているもので、軽くて美味しいので人気。他の一品が出てくるまでや、口直しに良い。

【攻略】
一見、お酒を飲みにくそうですが、お酒もバッチリ飲めます。定食チームに負けずに、飲むべし。
忙しいお店なので、オーダーして、合間には漬物で繋ぐべし。

【チョッチュ】
テーブルには、醤油とポン酢があります。刺盛を頼んだ時に、オチョコを2皿用意してもらえたら、両方使えるのになぁ。

【オススメ店】
三宅さん 中央区白金 なす豚や

【その他】
客単価 : 3000円前後 飲んで食べて(定食は800、900円から2300円くらいまである。)
ビールは、生300円から、瓶600円。ハイボールは、400円。焼酎は、グラス400円。日本酒は、400円から。ワインは、グラス500円から、ボトルあり。

人気メニュー ベスト3
3位 : 【おまかせ天ぷら】(1人前800円、2人前1500円)
2位 : 【おまかせサラダ】(1人前400円、2人前1000円)
1位 : 【刺盛】(1人前1500円、2人前3500円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved. These contents are designed by Uproad Inc.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
福岡グルメ情報携帯版はこちら