放送日:2019年8月16日 地域:中央区薬院  
旬魚・和食 まえだ

> TEL 092-722-2111
> 住所 福岡市中央区薬院1丁目6-36 ニューライフ薬院1F
> ジャンル 和食
> オープン日 2019年4月1日
> 席数 26席(カウンター8席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 17:00〜23:00(L.O.22:30) / (月・火・水のみランチ) 11:30〜14:00
定休日:不定休(火・木曜日が多い)
> 調査日 ■2019年8月9日
■天候 晴れ
■時間 19時30分


内容

今日ご紹介するのは、薬院駅からほど近い場所にある海鮮居酒屋です。
入口には、円に「ま」と書かれた大きなタペストリーもあるので、すぐに分かります。
店内は、オープンキッチンのカウンターの上にネタケースが置いてあり、小上がりの個室もいくつかあります。

店主の前田さんは、長崎県の北部、北松浦半島にある、佐世保市小佐々の出身。
大阪の日本料理店で5年間修業後、佐世保に戻り、居酒屋、鮮魚店で魚の勉強をし、10年前に佐世保で自分のお店をオープン。
満を持して、佐世保から福岡に出てきて、お店をオープンしました。この道20年。
この店のコンセプトは、活魚を楽しんでもらうこと。
実は、お兄さんが佐世保で漁師をしていて、鯛、鯵、鯖、ハマチなどの養殖を手掛けています。
さらに、地元の漁師さんが獲ってきた平戸の天然魚も活かしておいて、週に1回、佐世保まで仕入れに行っています。
ちなみに、魚が車酔いしないために通る道も選んで運んでいます。
ということで、魚介類の8割は佐世保、そこで手に入らないものは、福岡で仕入れています。
内装は少しレトロだけれど、内装に手をかけずに、活魚のために全力を注いで、安く食べられるよう努力しています。
それもこれも、佐世保の美味しい活魚を食べてもらいたいという思いからです。
和やかな雰囲気で、コリコリした食感を味わえる活魚をリーズナブルに楽しめるお店です。


チェック

アラカルトとコース。
コースは、3000円から。
価格は、税込み。
居酒屋メニューは豊富にあるが、我々はあえてこの店の名物である活魚を中心に頼んだ。

【お通し】(300円)
座ると出てきて、これが席料の代わりとなる。
内容は、日替わり。
この日は、牛すじの煮込み。

『活魚』
その日の仕入れにより内容、価格は異なる。

【オコゼ】(2800円)
お兄さんが獲ったもので、尾頭付きの活き造りにしてもらった。
刺身は、なかなかの厚さで出てきて、豪快。
ゴリゴリした食感を楽しめるように、あえて厚めにしている。
皮は湯引きしてあった。
醤油、山葵はお好みで。

【天(たか)鯖】(1500円)
鯖は仕入れてきても、その日しかもたないので、活き物は珍しい。
メニューにのっていなかったが、たまたまあった。
この日仕入れてきた、お兄さんが養殖している鯖で、尾頭付きの活き造りにしてもらった。
とても綺麗な身で、かなりの大きさだが、この価格は安い。
醤油、山葵、レモンはお好みで。

【石鯛】(1300円)
お兄さんが獲ったもので、尾頭付きの活き造りにしてもらった。
独特の脂があって、美味しい。
皮は湯引きして、ポン酢をかけてあった。これがまた美味しい。
醤油、山葵はお好みで。

【クジラハツ】(880円)
珍しいミンククジラの心臓。
薄めに切り、生姜の千切りを巻いていて、胡麻油で食べる。
クジラ独特のスジもなく、クセもないので食べやすい。

【海老の蓑揚げ】(2本580円)
海老に、ジャガイモの千切りを和えた天ぷら粉をつけて冷凍し、揚げている。
関西ではよく見る揚げ方。
ジャガイモが立ってカリカリッとなり、フライや普通の天ぷらとも違う、面白い食感。
塩を添えているので、お好みで。

【揚げ出し盛り合わせ】(680円)
大将が、佐世保のお店時代に出すようになったもので、なかなかない一品。
なんと、豆腐、餅、茄子、鶏の揚げ物が、各2個ずつ入った盛り合わせ。
それに、天つゆをかけて、刻み海苔を散らしている。
天つゆがあっさりしていて、ちょっとずつ様々な味が楽しめるのが良い。
このボリュームで、この価格は安い。
言えば、人数に合わせて、数を変えてくれる。

【アワビバター焼き】(800円)
活き物を扱っているため、たまに信じられないくらいの価格のものも出てくる。
普通は2500円以上するが、弱ってきたので値下げをして、当日メニューで出していた。
刺身にするものなので、なかなかの大きさでとても厚い身だった。
それをバター焼きしたもの。
食べ応えもあり、あればラッキーな一品。

【うちわ海老】(800円)
これも、活き物を値下げして出していたメニュー。
かなり巨大なもので、元気な時は2500円くらいで出している。
それを焼いて、半分に割って出てくるので、食べやすい。
大きいので、食べ応え十分。

【後造り 味噌汁】(無料)
なんと、活魚を頼むと、そのアラで味噌汁を作ってくれる。
我々は、「オコゼ」「石鯛」で作ってもらい、料理の締めに出してもらった。
これが無料で楽しめるのが嬉しい。

■■チョッチュ■■
活魚が売りのお店なので、1匹を様々な食べ方で味わえたら嬉しいです。
ポン酢や薬味など、食べ方のバリエーションがあると嬉しいなぁ。

■■攻略■■
当日メニューの中に格安の一品やその日しかないものがあったりするので、大将に聞くべし。
焼酎は、グラスで飲むなら1合から頼む方が安い。量が違うのに、値段が一緒(手間がかからないかららしい)

■■その他■■
客単価:4000〜5000円 あまり飲まない人で3500円くらい

ビールは、生480円から、瓶500円から。
ハイボールは480円から、酎ハイは420円から。
焼酎は、グラス400円から、1合400円から、飲み切りボトル2000円から。(セット500円)
日本酒は、グラス490円から。
ワインは、グラス450円から、ボトル1900円から。

■■人気メニュー ベスト3■■
3位:【揚げ出し盛り合わせ】(680円)
2位:【レモンステーキ】(1180円)
1位:【御造り】(5種1500円、7種2300円)か、当日の活魚

■■オススメ店■■
前田さん 中央区今泉 「鎮座タキビヤ」
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す