放送日:2019年9月6日 地域:中央区今泉  
焼鳥 と金

> TEL 092-731-9100
> 住所 福岡市中央区今泉1-9-19 BuLaLa102(ぶららいちまるに)
> ジャンル 肉料理
> オープン日 2019年6月10日
> 席数 35席(カウンター13席) / タバコ:喫煙可
> 営業時間 17:00〜29:00(L.O.27:45)
定休日:年末年始
> 調査日 ■2019年8月30日
■天候 晴れ
■時間 19時30分
> URL https://fbkn900.gorp.jp/


内容

今日ご紹介するのは、今泉の三角公園近くにある焼き鳥屋さんです。
ガラス張りの入口には、将棋の「歩」の裏側にあるような赤い字で「と」と書かれた暖簾がかかっています。
店内は、入り口付近に立派な木を使ったカウンター、奥にはゆったり座れるテーブル席があります。
この店は、姪浜の有名店「旬や みなくち」の系列になります。
店長の藤田さんは、「Yakiniku COWSI」で2年など、この道5年です。
料理長の石井さんは、広島の和食で5年修行。
福岡の御膳屋では11年いて、そのうち7年は料理長を務めていました。
その後、「みなくち」に1年勤め、このお店を任されることに。この道22年です。

料理は、石井さんが経験してきたことを出したいということで、広島で覚えた炭火焼き、焼鳥や、市場に通い和食店で勉強した魚介類などが並びます。
焼鳥屋さんだけど、藁焼きや刺身、魚介類を使った串なども楽しめる、珍しいお店になります。
焼物に使う塩は、パキスタンの自然ミネラル岩塩。
そのまま味見させてもらいましたが、硫黄の香りがする、辛さがまろやか塩でした。
また、福岡では珍しい、福島のブランド鶏「伊達鶏」を直送してもらい、使っています。
旨味が濃いということで気に入り、現在は、もも、手羽先、ささみを送ってもらっていますが、これから他の部位も送ってもらえるように交渉中だそうです。
その他の鶏の部位に関しては、九州産の新鮮なものを仕入れています。
そして、魚は旬のものを、野菜は信頼する野菜屋さんから良いものや珍しいものを仕入れています。
アクセスも良く、遅い時間まで開いているので、最初の飲み会から二次会など、様々な使い方ができるお店です。


チェック

基本、アラカルト。
アラカルトは、おすすめメニューとグランドメニューがある。
どうしてもコースにして欲しい場合は、要相談。
価格は、税別。

【お通し】(390円)
座ると出てきて、これが席料の代わりとなる。
基本的に、「甘酢キャベツ」と「手羽先の唐揚げ」の2品。
キャベツは、一度甘酢に漬け込んで、それを串に刺したもの。
いわゆる口直しになるが、しっかり甘酢に浸かっているのが良い。
手羽先は、伊達鶏で、シンプルに唐揚げにしたもの。
ジューシーでお酒のアテにぴったり。
追加が欲しい場合は、単品「甘酢キャベツ」(220円)、「手羽先の唐揚げ」(250円)もある。

【穴子わら焼】(1200円)
近海の穴子を使った一品。
穴子をさばき、皮目だけを炙ったあと、藁で1分間いぶしている。
この店の藁焼きは、仕上げに藁を使っていぶし、香りを付ける感じになる。
山葵、醤油、塩が出てくるので、お好みで。
醤油は朝倉のものを使っていて、少し甘め。
穴子の身は生っぽい感じになっていて、藁焼きの香りも良く、美味しい。

【中トロわら焼】(1400円)
長崎産の中トロを、藁でいぶして、1口サイズにカットして出てくる。
山葵、醤油、塩が出てくるので、お好みで。
脂ものっていて、クセがなく美味しい。

『串もの』
定番が15種類ほどあり、他に、串に刺した魚介類、藁焼きなどもある。
全体的にネタは大きい。
テーブルに薬味はなく、塩焼きの場合、京都の黒七味が添えてあるので、お好みで。

【はつ】(150円)
1本に3個分のハツを刺し、塩焼き。
程良い弾力で美味しい。
ちなみに、ハツだからハート型の皿にのって出てきた。

【ささみ】(190円)
これは伊達鶏のささみを串に刺して塩焼きし、上に山葵をのせて出てくる。
あまり火が入りすぎないように、軽く焼いているので、ジューシー。

【砂ずり】(130円)
塩焼き。
ちょっと変わったカットをしていて、理想の焼き加減になるよう工夫している。
強火で外側をパリッとさせて、中はジューシー。
コリコリした食感で美味しい。

【鶏皮】(90円)
たれ焼きで、脂も残っていてプルプルした食感が味わえる。
これにも黒七味が添えてあった。
これは安い。

【もも】(220円)
伊達鶏の皮付きもも肉の串焼き。
もも肉は串サイズにカットして、縦に身、皮が順番に重なるように指している。
かなりみっちりと刺しているので見た目よりもボリュームがある。
京都の金粉入り七味を添えているので、お好みで。

【白肝】(150円)
串に刺してたれ焼きしたもので、ねっとりした肝の美味しさがある。
我々は頼まなかったが、塩焼きの場合は、胡麻油を添える。

【種鶏もも炭焼】(850円)
鶏もも肉を宮崎式で炭火焼きしたもの。
宮崎式は、鶏油をかけながら、網で転がして焼いていく方法で、燻製しながら焼き上げる感じになる。
ポン酢、柚子胡椒、レモン、塩が添えてあるので、お好みで。
歯ごたえもあるが固すぎず、鶏の旨味もしっかりしていて美味しい。

【のどぐろ酒潮焼串】(580円)
日替わりのおすすめメニューから選んだ一品。
酒塩は、日本酒に塩を合わせたもの。
ノドグロを三枚に卸し、串に刺すサイズにカットし、酒塩に漬ける。
それを、串に刺して焼いたもの。
かぼす、山葵を添えているが、かぼすを絞って食べると、爽やかで美味しい。
かなり大きなノドグロを使っていて、この値段は安い。

【鴨わら焼串】(350円)
日替わりのおすすめメニューから選んだ一品。
ハンガリー産の鴨肉を串に刺して塩胡椒で焼き、仕上げに藁で炙る。
上に焦がし葱をのせていた。
焦がし葱は、白髪葱を揚げて、香ばしさを出したもの。
塩と山葵が添えてあるので、お好みで。
鴨独特の脂を味わえる。

■■攻略■■
焼き鳥屋さんには珍しく、魚、肉系もあるので、それらを織り交ぜながら頼むべし。

■■チョッチュ■■
結構よいカウンターを使っています。冷たい飲み物を頼むと水滴もつくので、コースターが欲しいなぁ。

■■オススメ店■■
石井さん 広島市中区流川町 「炭焼 ゑん」

■■その他■■
客単価:4500円 飲んで食べて

ビールは、生390円から、瓶640円から。
ハイボールは450円から、サワーは490円から。
焼酎は、グラス390円から。
日本酒は、グラス590円から。
ワインは、グラス490円から、ボトル4500円から。

■■人気串メニュー ベスト3■■
3位:【ねぎタン】(190円)
2位:【もも】(220円)
1位:【はつ】(150円)

■■人気おつまみメニュー ベスト3■■
3位:【セロリポン酢】(450円)
2位:【たたき胡瓜】(450円)
1位:【胡麻カンパチ】(880円)
Copyright(c) fmfukuoka Inc. All rights reserved.
  地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す
地域別でお店を探す