fmfukuoka

番組紹介

放送時間: (土)09:30-09:50
出演: 木原友香

毎週土曜日の朝、「茶のくに」八女からの情報をお届けします。

メールアドレス: yame@fmfukuoka.jp
皆さんからのメッセージお待ちしてます。


第438回 2019年3月9日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

泊まれる町家「川のじ」 

1月末に中間市のリスナー「八女っちゃ」さんから、
家族で八女福島地区にある宿泊施設「川のじ」に泊まりました!!
と、メッセージを頂いたので、早速、泊まれる町家「川のじ」にお邪魔して
通称「若女将」こと、中島絵美さんにお話を伺ってきました。

DSC_0398.jpg

日本で昔から言われている「マナー」や「ルール」が、
「川のじ」に泊まるとよく分かるんです...と、仰る中島さん。
今を遡る事、およそ130年前、明治初期に建てられた「町家」は、
その当時の姿を残したまま、いや、残すため、
10年前に、補修・改修工事がおこなわれているので、
見た目は美しく仕上げられつつも、
建物の外部も内部も佇まい全てに風情があるんです。

中でも、梁を通っている電線や昔ながらの調度品、
そして、土間や、坪庭がある空間 などなど、古き良き町屋の佇まいを
感じれますよー!!

DSC_0401.jpg

DSC_0403.jpg

そんな「川のじ」の宿泊利用方法はなんと「一棟貸し切り」。
なので、一人での利用も、家族や仲間との利用も、全て「貸し切り」で「川のじ」に
泊まれちゃうんです。
素敵な町家の空間を気兼ねなく過ごすことが出来るのが本当にいいですよねー!!

皆さんも、家族や、気の置けない仲間と一緒に「町屋」に是非泊まって下さいねー!!

【川のじ】
 住所:八女市本町264番地
 宿泊は一日一組限定の「一棟貸し切り」です。
 チェックインは午後4時以降、チェックアウトは午前11時までとなっています。
 料金など、詳しいお問い合わせは 電話:080-1485-4202(中島さん)
  若しくは、「八女 川のじ」で検索して、HPをご覧くださいね。

古民家ゲストハウス「天空の茶屋敷」

前半パートでは、八女福島地区、白壁の街並みの中にある「町屋」に泊まれる
「川のじ」をご紹介しましたが、黒木町笠原地区のずいぶんと上の方にある
「屋敷集落」には、「天空の茶屋敷」と名付けられた「古民家ゲストハウス」が
あるんです。

その代表を務める坂本治郎さんは、自衛隊員として日本を転々とする中、
世界中を旅している「旅人達」と出会い、知らなかった哲学や人生観に触れたことで、
自身も旅人になったという、面白い経歴の持ち主。

DSC_0555.jpg

DSC_0539.jpg

そんな坂本さんが5年を超える海外放浪を経て、やっぱり日本が面白いかも??と、
おばあさんが住んでいた八女市黒木町に移住し、2年程生活する中、
「この古民家を貰って活用してくれんね」声をかけられたのが、
10年間空き家となっていたこの「天空の茶屋敷」だったんだそうです。

眼前に笠原地区の自然が広がり、ゲストハウスの裏には茶畑、
そして黒木町一番の棚田が広がるという、最高の風景の中、
ゆっくりと時間を忘れて日本の原風景を感じながら過ごすことが出来る
場所なんですよー!!。
 
DSC_0526.jpg

DSC_0528.jpg

とはいえ、坂本さんのスタイルは、あくまで「山奥でも快適に生活が出来る!!」が基本。
何でも、周りからは「若くして仙人になっちゃった人」なんて言われているけれど、
Wi-Fi環境も充実しているし、SNSも活用するし、家電も必要な分は使ってるので、
「田舎の友達の家に遊びに行く」位の気持ちで宿泊できるんですよー!!
と、笑って仰っていました。

「古民家でハイテク、山奥でインターナショナル」なゲストハウス「天空の茶屋敷」、
少しでも気になったら、「天空の茶屋敷」で検索して、
ホームページやSNSをチェックしてくださいね
きっと、遊びに出かけたくなると思いますよー!!

【天空の茶屋敷】
 住所:八女市黒木町笠原11260
 宿泊は、相部屋のドミトリーが一泊3000円、
二日目及びリピーターは2500円から泊まれます。
      また、個室や、団体、一棟貸しにも対応出来るそうなので、
まずはお問い合わせを...
 電話:090-7263-5544 坂本さんまで  
(*お問合せ時間は午前10時から午後10時まで)

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の新スタッフ中尾絵里さんに伝えて頂きました。

八女市宮野の八女市健康増進施設べんがら村で、
来週16日(土曜日)と17日(日曜日)の2日間
「いちごフェアー」が開催されます。

当日は、福岡の人気コーヒー店「ピンコーヒーアンドバー」、
「シロウズコーヒー」、「トラリ」の3店舗が、
八女産の美味しい「あまおう」を使用したコラボメニュー
「イチゴサンド」や、「バターサンド」、「パウンドケーキ」を携えて、
べんがら村に登場しますよ!!

フレッシュないちごをたっぷり使用した
限定スイーツをこの機会に是非、楽しんでくださいね。

開催時間は午前10時30分から午後4時まで、
会場は、べんがら村直売所の入り口付近です。

お問い合わせは、べんがら村 電話 0943-24-3339まで

プレゼント

今週の八女のお土産は、八女福島地区と、黒木町笠原地区のお茶飲み比べセットを
2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ ビューティフルデイズ  / コアラモード.
♪ ミライ  / JUJU

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190309093000

第437回 2019年3月2日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

星野村、うきは市を結ぶ「合瀬耳納トンネル」開通 

 今回の番組でご紹介したのは、昨年12月8日に開通したばかり、
 浮羽市と星野村を結ぶ「合瀬耳納トンネル」でした。
 今回、大分自動車道 杷木インターから、いつもお世話になっている
 星野支所の二田房一さんに同行して頂き、「合瀬耳納トンネル」を体験後、
 お話を伺ってきました!!

DSC_0331.jpg

 ほんっとに、気持ちよく星野村に行けるルートが完成したんです!!
 この合瀬耳納トンネル、元をたどれば昭和50年代から「あると便利で安心だよねぇ」
 と、地域の話題に上がるほど熱望されていたそうですが、
 本格的に協議がスタートしたのが平成8年
 そこから22年もの期間を経て完成した...という念願のトンネルなんです。

DSC_0334.jpg

 これまで15分程かかっていた「合瀬耳納峠」がわずか3分前後で
 通過できるようになりましたが、その13分の短縮だけでは伝えることが出来ない、
 「心理的」な安心感がそこにはあるんです。
 
 二田さんも、脱輪などの事故が軽減すると仰っていましたが、
 曲がりくねった細い峠道を走る15分間と、
 ほぼ一直線に通過できる3キロほどのトンネル、その差は歴然。
 観光道路としても生活道路としても、本当に便利なトンネルだと実感しましたよー。

 今後は、北九州地域や筑豊地域からも気軽に星野村に来れるようになったので、
 その面でも楽しみです。と二田さんは仰っていました。
 
 また、一昨日の2月28日には、
 早速、うきは市と八女市のひな祭りを巡るバスツアーも開催されるなど、
 うきは市と八女市がタッグを組んでの「広域観光ツアー」もスタート。
 今後も聴き逃せない、外せない、「観光ルート」が誕生しました!!

 皆さんも是非、各地から合瀬耳納トンネルを使った観光を楽しんでくださいね!!

DSC_0349.jpg
(カーナビの情報がまだなので、道なき道を通るような画面になりますよー♪)

【合瀬耳納トンネル】
 八女市星野村とうきは市を結ぶトンネルです。
 杷木インターからおよそ20分でトンネルに到着、
 星野村中心地までおよそ30分強で到着。
 詳しいお問い合わせは 星野支所建設経済課  電話:0943-52-3114

星の村「カフェ&ジム sora」

 前半パートでご紹介した「合瀬耳納トンネル」を抜け星野村に入ると、
 すぐに広がる光景が、日本の棚田百選にも選ばれている
 「広内・大原地区の棚田」。

 そんな風光明媚な棚田をゆっくりと眺めながら、
 ランチやお茶を楽しめるカフェがあるんです。
 それは、カフェとスポーツジムが融合した「星の村 カフェ&ジム sora」。
 今回、スタッフの立石由紀子さんにお話を伺ってきました!!

DSC_0343.jpg

 星野村のおばちゃん達が手作りする、美味しい田舎料理や、
 自慢の鯖寿司を楽しめる週末ランチ、
 そしてハンバーグなど、週替わりで家庭料理的なメニューが楽しめる平日ランチと、
 平日と休日で楽しめるランチが違うんです。

 取材のときは平日だったので、週替わりの「棚田ランチ」を頂きました♪
 この日は、ハンバーグの定食でしたが、野菜も、味噌汁の味噌、そしてお米に漬物
 と、ほとんどの食材が立石さんの家や、近所の皆さんが作った、新鮮なのは勿論、
 安心出来る食材が目白押し!!どれも本当に美味しかったですよー♪♪

DSC_0353.jpg

 そんな星野村の美味しさがぎゅっと詰まったカフェの横にスポーツジムが
 併設されているのもsoraの特徴なんです。
 なんでも、元々、立石さんのお父さんは、地元の皆さんが集まれる
 コミュニティーの場所として、そして、健康づくりに役立ててほしい...との願いから、
 なんと、当初は「ジム」の計画からスタートしたというだけに、
 ジムスペースには、マシンが7台にエアロバイクなどが揃い、
 ヨガのレッスンも開催されていますよー!!

DSC_0339.jpg

DSC_0340.jpg

 みなさんもまずは、棚田の風景と美味しい星野村の食を楽しめる「sora」で、
 ゆっくりとした時間を過ごしてくださいね!!
 店内にはテーブル席の他、棚田の風景を独り占めできるカウンター席や、
 子供連れにも嬉しい6名用の小上がりなども用意されているので、
 その時その時のシチュエーションで楽しめますよ!!

DSC_0350.jpg

DSC_0346.jpg

【星の村 カフェ&ジム sora】
 住所:八女市星野村7925-1 *広内・上原地区の棚田の目の前です。
営業時間:午前11時から午後5時まで(季節によって変動あり)
 定休日:月曜、火曜
 電話:080-1722-1228

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の井上佳子さんに伝えて頂きました。

上陽咩(かむつやめ)さるこ「まちなか 生駒野コース」

今月末の31日(日)、八女市上陽町で、
桜と名所を散策する「上陽咩(かむつやめ)さるこ」が行われます。

この「上陽咩(かむつやめ)」とは7世紀ごろの八女地域の呼び名で、
「さるこ」は「あちこち歩き回ろう」という八女の方言なんです。

今回さるく、「まちなか 生駒野コース」は、上陽町のシンボル
眼鏡石橋や、北川内公園の桜を見ながらおよそ5キロ、
2時間30分をかけて、清流星野川沿いを散策しますよ。

参加費は昼食付で1500円、先着30名となっています。
詳しいお問い合わせは
八女市役所上陽支所総務課  電話 0943?54?2211まで。
 
当日は「桜と石橋まつり」も開催中です!!
是非上陽町をさるいてださいね。

今週はFM八女の井上がご紹介しました。


プレゼント

今週の八女のお土産は、星野村の美味しいお茶や抹茶オレをセットにして
2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ LOVE SONG  / SEKAI NO OWARI
♪ WHAT'S LOVE  / TWICE

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190302093000

第436回 2019年2月23日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

「平井観光農園」  

先週、リスナーさんから、八女のいちご狩り情報を教えて下さい!!と
メッセージ頂いたので、早速、八女でイチゴ狩りだけでなく、フルーツトマト狩りも
楽しめる「平井観光農園」にお邪魔して、平井一之介さんにお話を伺ってきました!!

DSC_0313.jpg

イチゴ用の練乳に、フルーツトマト用のドレッシングまで充実している
「平井観光農園」。元々、市場にトマトやイチゴを出荷するト農家だったそうですが、
お客さんと触れ合って、わくわくした気持ちを共有したい!!
そして子供達の食育にも繋げていきたい!!と観光農園を立ち上げたそうなんです。

これまでにも、トマト嫌いな子供達の為に作った「紙芝居」や、
平井観光農園オリジナルのキャラクター探しなど、
家族みんなで楽しめるような取り組みが満載だったのですが、
今年、平井さんが用意したのは「イチゴ狩りパスポート」という冊子。
この冊子には、今年味わえる10種類のイチゴの「味」や「食感」が一目で分かる
「レーダーチャート」が掲載され、イチゴの品種ごとに用意されたスタンプを押すと、
その品種が生まれた年まで分かる仕掛けになっているんです!!
是非、食べた品種のスタンプを押してくださいね!!

「あまおう」はもちろん、平井さん一押しのあまーい「かおり野」、珍しいところでは
「星の煌めき」等々、今年は10品種も楽しめるイチゴ狩りだけでなく、
赤、オレンジ、紫と、色とりどりのトマト狩りも存分に楽しんで下さいね!!

【平井観光農園】
 開園時間:朝9時から15時 (最終受付はお昼2時まで) (不定休)
        予約優先になります、事前予約だけでなく当日予約枠もありますので、
是非、電話で予約してお出かけくださいね
 料金:3月までは、「イチゴ狩りのみ」も「ミックス狩り」も同じ料金です
 60分食べ放題  大人1800円、4歳から小学生までは1400円、3歳以下無料
 場所:福岡県八女市吉田向井手54
 詳しいお問い合わせは:平井観光農園 電話:080-4279-7716

FM八女さんとのコラボ企画 第35弾

毎月最終週のトークギャラリーパート2は、FM八女の皆さんとのコラボ企画、
八女の皆さんによる八女のスポット、イベント、よか所をご紹介して頂きます!!

今回は、FM八女の木下晴菜さんをスタジオにお迎えして、
今、開催中の雛の里八女ぼんぼりまつりに出かけた際は、
是非立ち寄って欲しいカフェ「MITOTE」さんをご紹介して頂きました。


【MITOTE】
場所:八女市本町219-2
TEL:0943-24-8308
営業時間:11時30分から21時  定休日は水曜日
店頭に犬の頭の置物が置いてあると営業中です。

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の木下晴菜さんに伝えて頂きました。

茶の文化館「おひなさまの茶会」

八女市星野村の「茶の文化館」で、来月3日(日)、
「第18回 おひなさまの茶会」が開催されます。

和菓子作りを体験し、そのお菓子と一緒に薄茶席を楽しむだけでなく、
点心料理で美味しい時間を過ごせますよ!!

日時は3月3日(日)、午前10時の1席目から、
11時、12時、13時、14時と5席設けられていて、
各席の定員は25名となっています。
料金は一人2500円、玉露しずく茶の割引券付きとなっています!

詳しいお問い合わせは  茶の文化館 電話0943-52-3003 まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、八女のアンテナショップ「八女本舗」から
「ホッと一息セット」を2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ リズムをとめるな  / ウルフルズ
♪ アレ  / 斉藤和義

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190223093000

第435回 2019年2月16日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

第30回「夢たちばな観梅会」  

先週ご紹介した「雛の里八女ぼんぼりまつり」と並び、
八女の町に春を告げるイベント「夢たちばな観梅会」が、
いよいよ来週23日(土)から立花町の谷川梅林で開催されると聞き、
早速お話を、立花町観光協会の江崎恵さんにお話を伺ってきました。

DSC_0299.jpg

今年は、第30回記念と銘打って開催されるだけに、
これまで以上に楽しみな企画が満載の「夢たちばな観梅会」。

谷川梅林の中腹にあるトンネルでは、毎年、昼間に観れる竹あかりのイベント
「竹あかり幻想の世界」が開催されていますが、
なんと今年は「竹ONEグランプリ」と題し、
八女市内だけでなく、そのほかの地域で作られた竹あかりも展示され、
お客さんの投票数でグランプリが決まるんだそうですよー!!

もちろん、梅の花々も見逃せませんよ!!
緩やかな傾斜地に、3万本の梅の花が咲き乱れる「夢たちばな観梅会」。
満開の時には、「竹ONEグランプリ」が開催されるトンネル周辺から
下を眺めてみると、白梅の花々が、まるで雲の上にいるようかの景色に
なるんだそうですよー!!

また、2月23日24日、3月2日、3日の各、土日には、
イベント広場で色々な催しが行われ、
中でも24日(日)には、八女市親善大使の「GOOD COMING」のLIVEや、
日本伝統芸能の猿回しがおこなわれますよ。
また、「竹ONEグランプリ」が行われるトンネル内では、
「男ノ子焼特別展」も同時開催される他、
23日、24日、3月3日には「トンネルの中の小さな音楽会」が、
そして、3月2日(土)はトンネルの中で野点が行われますよ。
その他、立花町名物の「ほたる揚げ」や「だご汁」、「梅干し」などの特産品や、
農産物の販売もありますので、是非お出かけ下さいね!!

【夢たちばな観梅会】
 日時: 2月32日(土)から3月3日(日)
 (*私有地ですので、期間外の訪問はご遠慮ください!!)
会場: 谷川梅林(八女市立花町) 
       (車でお越しの方は、八女市役所立花庁舎の駐車場をご利用ください)
問合: 八女市役所立花支所 産業経済課  電話:0943-23-4941


秀バーガー「塩八女茶ソフトクリーム」

いつも「道の駅たちばな」に立ち寄ると、必ずと言っていいほどお邪魔する
ハンバーガーショップ「秀バーガー」の新作ソフトクリーム
「塩八女茶ソフトクリーム」が、昨年、西日本エリアの日本自動車連盟「JAF」と
旅行情報サイト「じゃらん」がタッグを組んで開催した
「道の駅ソフトクリーム総選挙2018」で、
163品中なんと「第1位」に輝いたと聞き、早速いつも仲良くさせて頂いている
店主の江崎弘さんにお話を伺ってきました。

DSC_0282.jpg

道の駅たちばなのスタッフの皆さんと一緒に作り上げたと仰る
「塩八女茶ソフトクリーム」はインタビューでも仰っていましたが、
立花町産の八女茶の粉と塩をブレンドした茶塩が濃厚な八女茶ソフトクリームの上に
ふりかけられた逸品なんです。

DSC_0293.jpg
(↑こちらは、塩八女茶ソフトクリームと共に頂いた、
  この夏新たに登場予定の「塩バニラソフトクリーム」です♪)

この塩八女茶ソフトクリーム、美味しいだけじゃないんです。
食べた後ののどの渇きや甘ったるさが全くなく、スッキリとした後味が最高!!
食べて良し、食べ終わっても良し!!と、
さすが西日本1位に輝いたソフトクリームだと思いますよ!!

もちろん、西日本一位に輝いた「塩八女茶ソフトクリーム」だけじゃなく、
ご実家でもある「ハンバーグのお店 秀屋」のお肉を使ったパテに、
地元立花町の野菜を使ったハンバーガーも絶品です!!
木原さんの一押しは、立花産の柚子胡椒のソースがかかった
「柚子胡椒バーガー」!!是非、ハンバーガーも召し上がってくださいね!!

DSC_0297.jpg

【秀バーガー】
 場所:道の駅たちばな内
営業時間:朝10時から夕方6時まで (不定休)
 電話:080-2722-8915

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の中島直樹さんに伝えて頂きました。

くつろぎの森 グリーンピア八女「祝10周年!森林セラピーと椎茸の菌打ち体験」

八女市黒木町の「くつろぎの森 グリーンピア八女」では、
来月9日(土)、「祝10周年!森林セラピーと椎茸の菌打ち体験」が開催されます。

森の持つ癒しの効果を、心と体の健康に生かす「森林セラピー」。
今回は森の案内人と共に、五感を使った森の癒しを体験後、
椎茸の菌打ち体験が行われ、参加者には来年の秋に椎茸を収穫できる
菌打ちしたホダ木が2本プレゼントされますよ。

参加料は、体験、森の癒し弁当、ホダ木2本、温泉券付きで2000円。
定員は先着40名で、募集締め切りは今月28日(木)までとなっています。

詳しいお問い合わせは、
八女市役所黒木支所 産業経済課 電話0943-42-1115まで


プレゼント

今週の八女のお土産は、番組でもご紹介した秀バーガーがある道の駅たちばなから、
おススメのお土産セットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 恋の予防接種  / 杏沙子
♪ ゼロセット  / オリジナル・ラブ

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190216093000

第434回 2019年2月9日オンエア

ゆうかのトークギャラリー

第22回「雛の里八女ぼんぼりまつり」  

八女に春を告げるおまつり、「雛の里八女ぼんぼりまつり」が、
いよいよ2月10日(日)から1か月間に渡り、開催されます。
そこで、今年も実行委員長を務める、福田喜作さんにお話を伺ってきました!!

DSC_0219.jpg

毎回、様々な催しが1か月間に渡って開催される
「雛の里八女ぼんぼりまつり」。中でも、福田さんのおススメは
「宵の雛」というイベント。元々、宮中ではひな祭りの事を「上巳(じょうし)の節句」と
と言うのですが、「灯りを点けましょぼんぼりにー」でもお分かりのように、
唯一「夜」のお祭り、灯りを点けるお祭りだった...という歴史を踏まえ、
ワークショップで竹あかりを作ったり、灯りをお客さんの手で点けてもらったりと、
参加型のイベントとしておこなうんだそうです。八女福島八幡宮の境内に灯される
竹あかり、写真映えする美しいイベントなんだそうです。
こちらは、最終日の前日、3月9日(土)の夜に開催されますよー。

他にももちろん、1か月に渡り様々な催し物が盛りだくさんです!!
明日、10日(日)は、オープニングセレモニーの後、
ちびっ子たちが十二単衣や束帯姿に身を包み、
町をパレードする「おひな様パレード」や、ワークショップや、
美味しい食を楽しめる「ひなマルシェ」が行われますし、
来週以降は「十二単衣と束帯姿の結婚式」や「願い雛」などなど、
毎週楽しい「参加型」のひな祭りを楽しめますよ!!

中でも、23日、24日の土日に行われる
「あなたもお雛様に変身」や「和服でめぐる八女のまち」はおススメの催しです!!
和服は、有料レンタルもありますので、八女の町を和服で巡って、
お得な特典を楽しんでくださいね。
 
【雛の里八女ぼんぼりまつり】
  開催日時:明日10日(日)から、3月10日(日)まで1か月間
  詳しいお問い合わせ: 八女観光案内所 0943-22-6644


横町町家交流館リニューアル

先ほどご紹介した「雛の里八女ぼんぼりまつり」の会場の1つ、
例年、たっくさんのお内裏様とお雛様が展示され、圧巻の空間を演出してくれる
「横町町家交流館」が、今回装いを新たに、
カフェスペースを併設した施設に生まれ変わったと聞き、
早速お邪魔してマネージャーの橋之口雅子さんにお話を伺ってきました。

DSC_0211.jpg

ただ美味しい八女茶を飲むのではなく、どうやって淹れると美味しいお茶になるのか、
スタッフの方に教えてもらいながら、自分の手でお茶を淹れて味わえる
「横町町家交流館」のカフェスペース。

取材の時は、橋之口さんおススメの「玉露のすすり茶」を頂いたのですが、
甘さと旨みが凝縮された一煎目から、二煎目、三煎目...と
その味わいの移ろいを楽しむだけでなく、二煎目の後にはお茶菓子を...、
そして三煎目の後には、頂いた玉露の「茶葉」を酢醤油で頂く一連の所作は、
どれも、八女のお茶の素晴らしさを改めて感じることが出来る
おススメの時間ですよ!!
 
また、「雛の里八女ぼんぼりまつり」の期間中は、カフェスペースはもちろん、
テイクアウトのみの提供ですが、抹茶オレと、ほうじ茶オレが楽しめるそうなので、
そちらも是非味わってくださいね。

DSC_0207.jpg

他にも、リニューアルした「横町町家交流館」には、
八女福島地区の歴史が分かるパネル展示や、
白壁の街並みの写真などが掲載されている他、
横町町家交流館のスタッフの皆さんは、観光ボランティアの方々なので、
八女の町についてや、観光情報など八女の事についてなんでも聞いてくださいね!!
と橋之口さんは仰っていましたよ!!

【横町町家交流館】
  住所:八女市本町94番地
  営業時間:午前10時から午後5時まで 
(お祭り期間を除き、毎週月曜日がお休みです)
  お問い合わせ:横町町家交流館 電話:0943-23-4311

Good Job 八女!

FM八女のスタッフの皆さんに、最新の八女の情報を教えて頂くGood Job八女!
今回は、FM八女の高木祥平さんに伝えて頂きました。

「第7回八女ジビエマンス」

2月に入り、八女市では今月28日(木)まで、八女地域発の「旬」を味わえる
食のイベント、「第7回八女ジビエマンス」が開催中です。

ジビエ料理をもっと身近に、美味しく味わってほしい!!と、毎年、
上質な八女産のイノシシ肉を使ったメニューを楽しむことが出来るこのイベント。

今年は、八女市内9店舗、久留米市内5店舗でオリジナルジビエ料理を
楽しむことが出来ますよ。

焼肉や、ボタン鍋はもちろん、塩麹串焼きや、いのししチャーシュー麵、
ジビエピッツァなど、各店舗趣向を凝らした、様々なジビエ料理を堪能して下さいね!

お店の情報やメニュー、営業時間など
詳しいお問い合わせは、八女商工会議所 産業交流センター
電話0943-22-5161まで。

または、「八女ジビエマンス2019」で検索してホームページでご確認ください。


プレゼント

今週の八女のお土産は、八女福島地区にある和菓子屋さん
「菓子処 きくや」から、美味しいお菓子のセットを2名の方にプレゼント!!


応募方法は、住所、お名前、電話番号と番組で発表されたキーワードを明記の上、
FAXかEメール、もしくはコチラの応募フォームからご応募ください。
FAX番号   092-526-5300「茶のくに 八女は楽しい」宛 
Eメールアドレス yame@fmfukuoka.jp

オンエア曲

♪ 全てのありふれた光  / グレイプバイン
♪ スイート&サワー  / ナルバリッチ

詳しくは下記アドレスから、radikoのタイムフリーで聴いてくださいね♪
(放送終了後から1週間だけ聴くことができますよ♪♪)

http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20190209093000

カテゴリ

月別アーカイブ