食べものとお酒の関係に注目する、「飲んで、うまい 食べて、うまい」

米焼酎は、究極の食中酒。
つまり、どんな食べ物とも相性が良いというわけです。
このコーナーでは、米焼酎と食べ物を合わせる、
つまり、ペアリングを追求していきます。
今日も、福岡のお店で見つけてきた、米焼酎とのペアリングを紹介しますよ。
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?

今週は、「八十八」です。

「八十八」

haku20200403_1.JPG

福岡市中央区大名2-2-47小野ビル1階
092-717-1008
11:30 - 14:30 (OS 14:00) / 夜 18:00 - 24:00 (OS 23:00)
店休日 火曜
https://www.88yasohachi.com/

haku20200403_2.JPG
地下鉄赤坂駅近く、大正通りから入った場所にある和食のお店です。
ビルの1階奥に入り口があり、お店に入ると、落ち着いた雰囲気。
haku20200403_3.JPG
カウンター席とテーブル席があり、カウンターの上には、
たくさんの土鍋がありました。
居酒屋以上、割烹未満という感じのお店です。
haku20200403_4.JPG
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?
料理長の柳さんにお話をお伺いしました。

(価格は税別です。)
農家が大事に育てたお米や野菜に、農家の思いをのせて、
シンプルにストレートに調理して、お客様に提供しています。

まずは、店名が「米」を分解してつけられていることからも分かるように、
米にこだわっています
取材に行った時には、「佐賀県吉野ヶ里町産の天使の詩」、
「茨城県瀬来市産のコシヒカリ」、「福岡県宮若市産のミルキークイーン」、
「福岡県宮若市産の実りつくし」などがありました。
このお米は、注文が入ってから浸水し、土鍋で炊くので、1時間ほどかかります。
1合からの注文で、早めに頼んだ方が良いかも。
白米だけではなく、「鯛めし」「蛸めし」「鶏めし」などの炊き込みご飯も
あるので、グループの場合、いくつか頼んで食べ比べるのも良いです。

野菜は、旬のもの、生産者の顔が見えるものを使っています。
今が旬のものでは、筍、新玉葱、春菊、朝倉の農家が作ったものや、
大分県湯布院の温泉の地熱を利用した「温泉パプリカ」などがあります。

おでんは、あご出汁を使っています。
「トマト バジルソースと」、「じゃがバター」などの創作おでんです。

面白いのが、「純米酒のしゃぶしゃぶ」(1人前1680円)。
純米酒と出汁を割ってスープにし、それで黒豚をしゃぶしゃぶします。
このスープを使うことで、豚肉の甘味が引き立ち、
野菜の旨味が引き出されるそうです。

価格もリーズナブルで、土鍋めしで1合480円から、
炊き込みご飯で980円から、おでんで380円からあります。


それでは、米焼酎とのペアリングをご紹介しましょう。

【炊きたて土鍋の八十八御膳】1580円税別)
haku20200403_5.JPG
土鍋ご飯、選べるおかず、お魚、小鉢2個、新鮮な野菜、
ご飯のおとも、お漬物、汁物のセット。
内容は、日替わりです。

「選べるおかず」は、 「鶏もも肉のたれ焼き」、「豚の角煮」など、
4
種類ほどから選べます。
この日、用意してもらったのは、「特製タルタルチキン南蛮」。
haku20200403_6.JPG
衣には、米粉を使っているので、パリッとした食感を楽しめます。
タルタルもあっさりして美味しいです。

「お魚」は、刺身か焼き魚を選べます。
haku20200403_7.JPG
この日、用意してもらったのはお刺身で、ホタルイカ、シマアジ、鯛。
ホタルイカのミソがたまりません。

小鉢は、朝倉産小松菜のナムル、きんぴらごぼう。
ナムルは胡麻汚しのように見えますが、しっかりナムルの味です。

野菜は、「シャキシャキ野菜の米糠ソース」
haku20200403_8.JPG
朝採れ野菜なので、シャキシャキした食感です。
米糠を使ったソースで、優しい味に仕上がっています。

ご飯のおともは、ちりめん山椒と明太子。
それに、お漬物、刻み揚げとワカメの味噌汁、土鍋ご飯です。

「土鍋ご飯」は、「福岡県宮若市産の実りつくし」を用意して頂きました。
haku20200403_9.JPG
平尾さんという農家の方が生産者。
「元気つくし」と「にこまる」を掛け合わせたもので、
一般家庭には流通していません。
モチモチした食感で、キラキラして、米粒が立っています。
これだけあって、1580円は安いです。

これに合わせたのが、吟醸しろのソーダ割、つまり、「ギンハイ」です。
「特製タルタルチキン南蛮」の脂をすっきりと流してくれ、
刺身にも合います。
その他のおかずともペアリングしましたが、「ギンハイ」だけで、
どの料理にも合うのがすごいです。

「土鍋ご飯」に合わせたのが、吟醸しろのお湯割りです。
吟醸酵母を使っている米焼酎なので、お米と合わせても違和感なく合います。


いかがですか?
ちなみに「吟醸しろ」は、グラス480円、ボトルもあります。

来週も、福岡で見つけた米焼酎とペアリングした一品を紹介していきます。
お楽しみに。



メシュラングルメ研究所です!!
様々な食材に関して、研究、新たなメニュー開発を
していこうじゃないかというコーナーです。

現在は、福岡が生んだ全国ブラント苺「博多あまおう」を
新しい感覚で楽しんでもらおうと、
JA全農ふくれんとブチカン、「ソワニエ+」で考えた企画がスタートしています。
その名も!!

『博多あまおう GOURMET PARTY MONTH』!!

福岡の人気飲食店、洋菓子店、12店舗とコラボして、提供中です。
3
月31日までの期間限定!
早い話が、今日を入れて、あと5日間しか食べられません。

各店舗の「あまおうコラボメニュー」を、簡単にご紹介しましょう。

今回なんと、和食のお店が多数参加しています!!

★九州の旬 博多廊
福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス 5F
092-687-5656

九州各地の食材、料理を楽しめるお店です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺 三種の最中】900円税別)
マカロンぐらいの大きさの最中の中に博多あまおう苺と
3
種類の白和えが入った前菜です。
?胡麻豆腐+海老芋+カラスミ+白和え
?蕪+スモークチーズ+鰹節+白和え
?焼き芋+安納芋+ブラックペッパー+白和え。

【博多あまおう苺 和風ティラミス】700円税別)
抹茶のグリーンに、真っ赤な博多あまおう苺が映えます。
ティラミスとプリンの中間のようなクリーミーな食感で、甘さも控えめ。


★博多漁家 磯貝 天神店
福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル1F
092-732-3349

魚のうまい店として知られる「磯貝」は、創業1989年。30周年を迎えました。

<博多あまおうのメニュー>
【季節の天ぷら 春の香り】880円税別)
春を感じるフルーツ、苺と春野菜のコラボメニューです。
季節の野菜は、日替わりですが、基本的には新竹の子、つぼみ菜、菜の花。

【博多あまおう苺のクリームコロッケ 姪浜の風】620円税別)
ベシャメルソースを作り、中に刻んだ博多あまおう苺を入れて練りこみます。
衣をカリッとするように揚げ、上に博多あまおう苺のスライス、
パルメザンチーズ、黒胡椒、オリーブオイルをかけています。


★蔵音
福岡市博多区博多駅東2-9-6ソリューションビル1F
092-473-0816

博多駅裏の合同庁舎近くにあるアッパー居酒屋です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおうとブッラータの春の香り サラダ仕立て】1680円税別)
ブッラータのクリーミーな味と、博多あまおう苺の甘みと酸味、
そして、桜の香りがほんのり香り、春を感じさせる一品です。

【凍らせ博多あまおう苺サワー】880円税別)
焼酎ベースにあまおうリキュール、ストロベリーシロップを加え、
炭酸で割り、サワーにしてます。


鉄板焼きのお店も参加しています!!

★薬院一五
福岡市中央区薬院2-1-14 2F
092-791-7315

薬院四つ角の近くにある、カジュアルな鉄板焼きのお店です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺と自家製ソーセージのサラダ仕立て】500円)
ソーセージとあまおうを一緒に食べるとはと思うでしょうが、これが意外に合います。
苺の酸味がいい仕事をして、さらにフルーティーな甘みと
ソーセージのペアリングが良いです。

【博多あまおう苺の豚バラ巻き串】(1300円)
その名の通り、博多あまおうを豚バラで巻いて鉄板で焼き、
その上にブルーチーズソースがかかってます。


そして、人気ラーメン店も!!

★福岡の博多純情らーめんの店「博多らーめん ShinShin」天神本店
福岡市中央区天神3-2-19 1F
092-732-4006

いまや全国区で人気となったラーメン居酒屋で、
現在は福岡を中心に5店舗まで広がっています。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺の杏仁豆腐】450円)
杏仁豆腐の中にも博多あまおう苺を練りこみ、
上には、博多あまおう苺のジュレ、フレッシュな博多あまおう苺をトッピング。


洋食からは、イタリアンが参加!!

★Da fuchigami HAKATA ダ・フチガミ・ハカタ
福岡市博多区上川端町3-15
092
9836278

イタリア料理のクリエイティブで最先端のテクニックを追及する、
「エル・ブジ」のような技術を取り入れたイタリア創作料理になります。

<博多あまおうのメニュー>
今回は全コースの前菜として提供します。
【博多あまおう苺と久留米産馬肉のタルタルカンノーロ仕立て】
シシリア発祥のスイーツ・カンノーロの形をイメージした前菜。
博多あまおう苺、久留米産の馬肉、松の実、砕いた生ピスタチオ、ハーブ、
南イタリア産のエキストラバージンオイルを和え、
小麦で作るサクサクしたパートブリックの中に詰め込みます。


La casa di Nao ラ カーサ ディ ナオ
福岡市中央区薬院4-8-6
092-404-7030
Pizzeria Nao ピッツェリア ナオ
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン 1F
092-409-8703

オーナー・シェフの石橋さんは、在スイスの日本大使館、在イタリアの
日本大使館の料理長などを務めた人です。

<博多あまおうのメニュー>
【タイのカルパッチョ 博多あまおうソース サラダ仕立て】1600円税別)
あっさりした鯛の刺身、そこに加わる博多あまおうの甘さと酸味がよく合います。
少し苦みのあるスパイシーミックスリーフと一緒に食べても美味しいです。

【博多あまおういちごのピッツァ】1400円税別)
石橋シェフお得意のデザートピッツァです。
ピザ生地に塗るソースは、ヨーグルトをベースに、博多あまおうペーストを入れたもの。
その上に博多あまおうをのせ、高温の薪窯で一気に焼きます。


デザート、洋菓子のお店からは、・・・

★お菓子の工房オペラ・筥松本店
福岡市東区筥松新町4-12
★お菓子の工房オペラ・松崎店
福岡市東区松崎3-14-

「自然・産地・旬」をテーマに、数十種類のケーキが店内には並びます。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおういちごのタルトレット】600円税別)
タルトカップの内側をチョコレートでコーティング。
その中に、あまおうのジュレを入れたあまおうピューレ、
その上には、カスタードクリーム、博多あまおう苺を4個のせ、ナパージュ。
クッキー生地のサクッとした食感が良いです。


★フランス菓子 ペイ・バスク
大野城市若草3-13-4
092-583-5021

オーナーシェフの廣瀬さんは、福岡市の某有名店や
フランスで修行して、この道34年。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺のバスクチーズケーキ】420円税別)
「いちごミルク」をイメージしたチーズケーキです。


Patisserie Rui
春日市岡本6-15
092-558-8083

オープンして9年目になる、フランスの伝統的なスタイルに
オリジナリティを加えたスイーツが楽しめるお店です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおういちごのキャトルズ(14?)】566円税別)
サクッとした食感の生地に博多あまおういちごとピスタチオのクリーム、
さらに、博多あまおういちごのペーストとジャムが繰り出す、
「大人の博多あまおういちごのケーキ」です。


いかがですかっ!
福岡市を中心として、様々な場所にあるお店とコラボしています。
これらのお店をホッピングしても楽しいかも!!
また、博多あまおう苺コラボメニューは、331日までの期間限定です。
はっきり言って、激レアなメニュー!
これを逃すと、もう食べられないかもしれません。
詳細は、現在発売中のソラニエプラスをご覧になるか、
こちら
にも写真付きで掲載しています。
是非、チェックしてください。



食べものとお酒の関係に注目する、「飲んで、うまい 食べて、うまい」

米焼酎は、究極の食中酒。
つまり、どんな食べ物とも相性が良いというわけです。
このコーナーでは、米焼酎と食べ物を合わせる、
つまり、ペアリングを追求していきます。
今日も、福岡のお店で見つけてきた、米焼酎とのペアリングを紹介しますよ。
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?

今週は、「高砂2丁目厨房 三輪商店」です。

「高砂2丁目厨房 三輪商店」

haku20200327_1.JPG

福岡市中央区高砂2丁目9-15
092-521-6810
18
00 - 2530L.O.2430
店休日 不定休

haku20200327_2.JPG
FM
福岡からもほど近い、日赤通り高砂2丁目交差点から入った場所にあります。
オープンして14年になる干し物が名物の居酒屋さんです。
地産地消がモットーで、新鮮な魚介類を様々な場所に買い付けに行き、
高級な食材というより、安くて美味しい物を提供するようにしています。
一夜干しは、オープン当初買い出しに行っていたこともありましたが、
現在ではノウハウも蓄積し、ほぼ自分で作っています。
干し物にする時も鮮度が大事で、自分の目で選んでいます。
また、普段だと干し物にならないようなものでも作っているので、
ここでしか食べられないようなものもあります。
店主は、現在でもギターを弾いたりしているので、
店内でかかっている音楽も良いです。

haku20200327_3.JPG
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?
店主の三輪さんにお話をお伺いしました。

人気メニュー
(価格は税込みです。)
【一夜干し 五種盛り合わせ】840円)

【刺身 鶏、鮮魚八種盛り合わせ】840円)

【海鮮ごまダレ和え】530円)
様々な魚の切り身を特製のごまダレで和えたもの。


それでは、米焼酎とのペアリングをご紹介しましょう。

【刺身 鶏、鮮魚八種盛り合わせ】840円)
haku20200327_4.JPG
鶏と魚、どちらも刺身を出しているので、シンプルに盛り合わせたものです。
内容は、仕入れにより変わります。
この日は、サワラの炙り、コウイカ、ブリ、タチウオ、ヨコワマグロ、コノシロの酢締め、
鶏は、モモのたたき、ささみの湯引きでした。
各種2切れから4切れほどあり、ボリューム満点で2人でも十分な量です。
全体的に厚めにカットしているので、食べ応えもあります。
鐘崎のマルヨシ醤油、ポン酢、山葵、柚子胡椒があるので、お好みで。

これに合わせたのが、白岳しろのロックです。
今が旬のコウイカは、歯ごたえがあって淡泊な味。
そして、湯引きしたささみも同じような感じですが、どちらとも、
白岳しろのロックは、クセがない、繊細な味わいの焼酎なので、ぴったり。
脂ののったモモのたたきも、脂をすっきりと流してくれます。
また、ヨコワマグロ独特の旨味も、ロックに非常に合います。


【一夜干し 五種盛り合わせ】840円)
haku20200327_6.JPG
こちらも内容は日替わりです。
どれも近海のものというのが良いです。
この日は、コウイカ、小鰯、カマス、サワラの腹側、ヒラメ。
中には刺身用に三枚に卸していたものが干し物になっていたりするので、
骨がなくて食べやすかったりします。
どれも、干し物にすることで、味が凝縮され、美味しいです。
ヒラメは、ホクホクして周りがパリッとしています。
小鰯は、脂がのっていて、オイルサーディンを食べやすくしたような感じ。
サワラは淡泊な魚ですが、腹側は脂がのっています。
コウイカは身が厚いです。

これに合わせたのが、白岳のお湯割りです。
銘柄を変えての組み合わせです。
温かいものには、温かいものを合わせるという良い見本のようなもの。
何杯でも飲めます。


いかがですか?
haku20200327_5.JPG
ちなみに「白岳しろ」「白岳」は、グラス290円、1400円です。

来週も、福岡で見つけた米焼酎とペアリングした一品を紹介していきます。
お楽しみに。


メシュラングルメ研究所です!!
様々な食材に関して、研究、新たなメニュー開発を
していこうじゃないかというコーナーです。

現在は、福岡が生んだ全国ブラント苺「博多あまおう」を
新しい感覚で楽しんでもらおうと、
JA全農ふくれんとブチカン、「ソワニエ+」で考えた企画がスタートしています。
その名も!!

『博多あまおう GOURMET PARTY MONTH』!!

福岡の人気飲食店、洋菓子店、12店舗とコラボして、提供中です。
各店舗の「あまおうコラボメニュー」を、簡単にご紹介しましょう。

今回なんと、和食のお店が多数参加しています!!

★九州の旬 博多廊
福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス 5F
092-687-5656

九州各地の食材、料理を楽しめるお店です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺 三種の最中】(900円税別)
マカロンぐらいの大きさの最中の中に博多あまおう苺と
3
種類の白和えが入った前菜です。
?胡麻豆腐+海老芋+カラスミ+白和え
?蕪+スモークチーズ+鰹節+白和え
?焼き芋+安納芋+ブラックペッパー+白和え。

【博多あまおう苺 和風ティラミス】(700円税別)
抹茶のグリーンに、真っ赤な博多あまおう苺が映えます。
ティラミスとプリンの中間のようなクリーミーな食感で、甘さも控えめ。


★博多漁家 磯貝 天神店
福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル1F
092-732-3349

魚のうまい店として知られる「磯貝」は、創業1989年。30周年を迎えました。

<博多あまおうのメニュー>
【季節の天ぷら 春の香り】(880円税別)
春を感じるフルーツ、苺と春野菜のコラボメニューです。
季節の野菜は、日替わりですが、基本的には新竹の子、つぼみ菜、菜の花。

【博多あまおう苺のクリームコロッケ 姪浜の風】(620円税別)
ベシャメルソースを作り、中に刻んだ博多あまおう苺を入れて練りこみます。
衣をカリッとするように揚げ、上に博多あまおう苺のスライス、
パルメザンチーズ、黒胡椒、オリーブオイルをかけています。


★蔵音
福岡市博多区博多駅東2-9-6ソリューションビル1F
092-473-0816

博多駅裏の合同庁舎近くにあるアッパー居酒屋です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおうとブッラータの春の香り サラダ仕立て】(1680円税別)
ブッラータのクリーミーな味と、博多あまおう苺の甘みと酸味、
そして、桜の香りがほんのり香り、春を感じさせる一品です。

【凍らせ博多あまおう苺サワー】(880円税別)
焼酎ベースにあまおうリキュール、ストロベリーシロップを加え、
炭酸で割り、サワーにしてます。


鉄板焼きのお店も参加しています!!

★薬院一五
福岡市中央区薬院2-1-14 2F
092-791-7315

薬院四つ角の近くにある、カジュアルな鉄板焼きのお店です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺と自家製ソーセージのサラダ仕立て】(500円)
ソーセージとあまおうを一緒に食べるとはと思うでしょうが、これが意外に合います。
苺の酸味がいい仕事をして、さらにフルーティーな甘みと
ソーセージのペアリングが良いです。

【博多あまおう苺の豚バラ巻き串】(1300円)
その名の通り、博多あまおうを豚バラで巻いて鉄板で焼き、
その上にブルーチーズソースがかかってます。


そして、人気ラーメン店も!!

★福岡の博多純情らーめんの店「博多らーめん ShinShin」天神本店
福岡市中央区天神3-2-19 1F
092-732-4006

いまや全国区で人気となったラーメン居酒屋で、
現在は福岡を中心に5店舗まで広がっています。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺の杏仁豆腐】(450円)
杏仁豆腐の中にも博多あまおう苺を練りこみ、
上には、博多あまおう苺のジュレ、フレッシュな博多あまおう苺をトッピング。


洋食からは、イタリアンが2店舗参加!!

★Da fuchigami HAKATA ダ・フチガミ・ハカタ
福岡市博多区上川端町3-15
092
9836278

イタリア料理のクリエイティブで最先端のテクニックを追及する、
「エル・ブジ」のような技術を取り入れたイタリア創作料理になります。

<博多あまおうのメニュー>
今回は全コースの前菜として提供します。
【博多あまおう苺と久留米産馬肉のタルタルカンノーロ仕立て】
シシリア発祥のスイーツ・カンノーロの形をイメージした前菜。
博多あまおう苺、久留米産の馬肉、松の実、砕いた生ピスタチオ、ハーブ、
南イタリア産のエキストラバージンオイルを和え、
小麦で作るサクサクしたパートブリックの中に詰め込みます。


La casa di Nao ラ カーサ ディ ナオ
福岡市中央区薬院4-8-6
092-404-7030

オーナー・シェフの石橋さんは、在スイスの日本大使館、在イタリアの
日本大使館の料理長などを務めた人です。

<博多あまおうのメニュー>
【タイのカルパッチョ 博多あまおうソース サラダ仕立て】(1600円税別)
あっさりした鯛の刺身、そこに加わる博多あまおうの甘さと酸味がよく合います。
少し苦みのあるスパイシーミックスリーフと一緒に食べても美味しいです。

【博多あまおういちごのピッツァ】(1400円税別)
石橋シェフお得意のデザートピッツァです。
ピザ生地に塗るソースは、ヨーグルトをベースに、博多あまおうペーストを入れたもの。
その上に博多あまおうをのせ、高温の薪窯で一気に焼きます。


デザート、洋菓子のお店からは、・・・

★お菓子の工房オペラ・筥松本店
福岡市東区筥松新町4-12
★お菓子の工房オペラ・松崎店
福岡市東区松崎3-14-

「自然・産地・旬」をテーマに、数十種類のケーキが店内には並びます。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおういちごのタルトレット】(600円税別)
タルトカップの内側をチョコレートでコーティング。
その中に、あまおうのジュレを入れたあまおうピューレ、
その上には、カスタードクリーム、博多あまおう苺を4個のせ、ナパージュ。
クッキー生地のサクッとした食感が良いです。


★フランス菓子 ペイ・バスク
大野城市若草3-13-4
092-583-5021

オーナーシェフの廣瀬さんは、福岡市の某有名店や
フランスで修行して、この道34年。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺のバスクチーズケーキ】(420円税別)
「いちごミルク」をイメージしたチーズケーキです。


Patisserie Rui
春日市岡本6-15
092-558-8083

オープンして9年目になる、フランスの伝統的なスタイルに
オリジナリティを加えたスイーツが楽しめるお店です。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおういちごのキャトルズ(14?)】(566円税別)
サクッとした食感の生地に博多あまおういちごとピスタチオのクリーム、
さらに、博多あまおういちごのペーストとジャムが繰り出す、
「大人の博多あまおういちごのケーキ」です。


いかがですかっ!
福岡市を中心として、様々な場所にあるお店とコラボしています。
これらのお店をホッピングしても楽しいかも!!
また、博多あまおう苺コラボメニューは、3月31日までの期間限定です。
はっきり言って、激レアなメニュー!
これを逃すと、もう食べられないかもしれません。
詳細は、現在発売中のソラニエプラスをご覧になるか、
こちら
にも写真付きで掲載しています。
是非、チェックしてください。



食べものとお酒の関係に注目する、「飲んで、うまい 食べて、うまい」

米焼酎は、究極の食中酒。
つまり、どんな食べ物とも相性が良いというわけです。
このコーナーでは、米焼酎と食べ物を合わせる、
つまり、ペアリングを追求していきます。
今日も、福岡のお店で見つけてきた、米焼酎とのペアリングを紹介しますよ。
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?

今週は、「焼鳥や山ちゃん」です。

「焼鳥や山ちゃん」

haku20200320_1_1.jpg

福岡市博多区博多駅前4-24-24
092-474-8170
17
00 - 2500L.O.2430
店休日 日曜日(月祝日の場合、日曜オープンで月曜日休み)

haku20200320_2.JPG
この辺りでは、いつも満席の超人気の焼鳥屋さんです。
実は、謎のアジア人もよく通っています。
7
割ほどが常連で、一人で行っても、いつの間にか仲良くなってしまいます。
単身赴任の方も多く、大将が色々仲を取り持ってくれるとのこと。
なんだか、昭和の雰囲気が残っているお店です。
メニューはとても多く全部で100種類以上。
焼鳥だけで50種類以上あり、メニューにはない焼鳥もあります。
さらに、日々様々な料理に挑戦しているので、日替わりメニューまであります。
お酒のつまみになる一品から、焼きラーメン、
焼きそば、オムレツ、お茶漬けなどの締めまで対応します。
なのに、値段は激安。
例えば焼鳥は、普通の大きさなのに、150円からあります。
まさに庶民の味方です。
それも、朝から毎日、自分たちで串打ちするという努力の賜物です。

haku20200320_3.JPG
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?
焼鳥で13年修業して、この店をオープンし、20年。
実は、市民ランナーで「はるかぜマラソン」にも出場してくれている、
店主の山下さんにお話をお伺いしました。

人気メニュー
(価格は税別です。)
【焼とり盛り合わせ】1390円)
【豚ばら】80円)
【胡麻カンパチ】580円)
【山いも鉄板】480円)
【エビタル】580円)

それでは、米焼酎とのペアリングをご紹介しましょう。

【焼とり盛り合わせ】1390円)
haku20200320_4.JPG
なんと、18本の盛り合わせです。
内容は、巻物が日替わりになります。
この日は、「豚ばら(塩焼き)」、「砂ずり」、「とりかわ(タレ焼き)」、「豚レバー」、
「四つ身(タレ焼き)」、「ミンチボール」、「粗挽きウインナー」、
そして、巻物が、「トマベー」、「アスパラ巻」、「えのき巻」、「おくら巻」。
ちなみに、アスパラ巻の上にはマヨネーズで「山ちゃん」と書いてました。
お皿の真ん中には、酢ダレのかかったキャベツもあります。
豚ばらは博多の焼鳥の王道ですし、とり皮の香ばしさも良いです。
焼鳥のタレは、以前の店から分けて頂き、
30
年受け継がれてきたもので、しつこくないです。

これに合わせたのが、白岳しろのお湯割りです。
白岳しろはクセがなく、豚の脂をサッと流してくれるので、
博多の焼鳥にとても合います。


【山いも鉄板】480円)
haku20200320_5.JPG
擦ろ下した山芋、卵、だし醤油を合わせ、
フライパンで周りを焼いて、オーブンに入れます。
周りがカリッとして、中はフワフワ。
だし醤油がいい仕事をしています。

これに合わせたのが、白岳しろのロックです。
優しい味の山いも鉄板に、ガツンとくるロックがとても合います。


【クリームチーズ出し巻】550円)
haku20200320_6.JPG
ありそうでなかった一品。
だし巻き卵の真ん中にクリームチーズが入っていて、トロッと溶けています。
ケチャップが添えられているので、お好みで。
なんだか、オムレツのような感じです。

これに合わせたのが、白岳しろのソーダ割りです。
濃厚なチーズの味を、ソーダでさっぱりさせてくれます。


いかがですか?
ちなみに、この店は「白岳しろ」もとてもリーズナブル。
グラスでお湯割りが300円、ロックが350円、ソーダ割が400円。
そして、4合ボトルキープは、1680円です。


来週も、福岡で見つけた米焼酎とペアリングした一品を紹介していきます。
お楽しみに。



メシュラングルメ研究所です!!
様々な食材に関して、研究、新たなメニュー開発を
していこうじゃないかというコーナーです。

現在は、福岡が生んだ全国ブラント苺「博多あまおう」を研究しています。
そのままでも美味しい「博多あまおう」を、新しい感覚で楽しんでもらおうと、
JA全農ふくれんとブチカン、「ソワニエ+」で、考えた企画が・・・

『博多あまおう GOURMET PARTY MONTH』!!

現在、福岡の人気飲食店、洋菓子店、12店舗とコラボして、提供中です。
まずは、簡単にご紹介しましょう。

★薬院一五
薬院四つ角の近くにある、カジュアルな鉄板焼きのお店です。

【博多あまおう苺と自家製ソーセージのサラダ仕立て】(500円)
ソーセージとあまおうを一緒に食べるとはと思うでしょうが、これが意外に合います。
苺の酸味がいい仕事をして、さらにフルーティーな甘みと
ソーセージのペアリングが良いです。

【博多あまおう苺の豚バラ巻き串】(1300円)
その名の通り、博多あまおうを豚バラで巻いて鉄板で焼き、
その上にブルーチーズソースがかかってます。

★福岡の博多純情らーめんの店「博多らーめん ShinShin」天神本店
いまや全国区で人気となったラーメン居酒屋です。

【博多あまおう苺の杏仁豆腐】(450円)
杏仁豆腐の中にも博多あまおう苺を練りこみ、
上には、博多あまおう苺のジュレ、フレッシュな博多あまおう苺をトッピング。

★フランス菓子 ペイ・バスク
オーナーシェフの廣瀬さんは、某有名店やフランスで修行。この道34年。

【博多あまおう苺のバスクチーズケーキ】(420円税別)
「いちごミルク」をイメージしたチーズケーキです。

★蔵音
博多駅裏の合同庁舎近くにあるアッパー居酒屋です。

【博多あまおうとブッラータの春の香り サラダ仕立て】(1680円税別)
ブッラータのクリーミーな味と、博多あまおう苺の甘みと酸味、
そして、桜の香りがほんのり香り、春を感じさせる一品です。

【凍らせ博多あまおう苺サワー】(880円税別)
焼酎ベースにあまおうリキュール、ストロベリーシロップを加え、
炭酸で割り、サワーにしてます。

★博多漁家 磯貝 天神店
魚のうまい店として知られる「磯貝」は、創業1989年。30周年を迎えました。

【季節の天ぷら 春の香り】(880円税別)
春を感じるフルーツ、苺と春野菜のコラボメニューです。
季節の野菜は、日替わりですが、基本的には新竹の子、つぼみ菜、菜の花。

【博多あまおう苺のクリームコロッケ 姪浜の風】(620円税別)
ベシャメルソースを作り、中に刻んだ博多あまおう苺を入れて練りこみます。
衣をカリッとするように揚げ、上に博多あまおう苺のスライス、
パルメザンチーズ、黒胡椒、オリーブオイルをかけています。

★Da fuchigami HAKATA ダ・フチガミ・ハカタ
イタリア料理のクリエイティブで最先端のテクニックを追及する、
「エル・ブジ」のような技術を取り入れたイタリア創作料理になります。

今回は全コースの前菜として提供します。
【博多あまおう苺と久留米産馬肉のタルタルカンノーロ仕立て】
シシリア発祥のスイーツ・カンノーロの形をイメージした前菜。
博多あまおう苺、久留米産の馬肉、松の実、砕いた生ピスタチオ、ハーブ、
南イタリア産のエキストラバージンオイルを和え、
小麦で作るサクサクしたパートブリックの中に詰め込みます。

★お菓子の工房オペラ・筥松本店
★お菓子の工房オペラ・松崎店

「自然・産地・旬」をテーマに、数十種類のケーキが店内には並びます。

【博多あまおういちごのタルトレット】(600円税別)
タルトカップの内側をチョコレートでコーティング。
その中に、あまおうのジュレを入れたあまおうピューレ、
その上には、カスタードクリーム、博多あまおう苺を4個のせ、ナパージュ。
クッキー生地のサクッとした食感が良いです。

★九州の旬 博多廊
九州各地の食材、料理を楽しめるお店です。

【博多あまおう苺 三種の最中】(900円税別)
マカロンぐらいの大きさの最中の中に3種類の白和えが入った前菜です。
胡麻豆腐+海老芋+カラスミ+白和え
+スモークチーズ+鰹節+白和え
焼き芋+安納芋+ブラックペッパー+白和え。

【博多あまおう苺 和風ティラミス】(700円税別)
抹茶のグリーンに、真っ赤な博多あまおう苺が映えます。
ティラミスとプリンの中間のようなクリーミーな食感で、甘さも控えめ。

Patisserie Rui
オープンして9年目になる、フランスの伝統的なスタイルに
オリジナリティを加えたスイーツが楽しめるお店です。

【博多あまおういちごのキャトルズ(14?)】(566円税別)
サクッとした食感の生地に博多あまおういちごとピスタチオのクリーム、
さらに、博多あまおういちごのペーストとジャムが繰り出す、
「大人の博多あまおういちごのケーキ」です。

La casa di Nao ラ カーサ ディ ナオ
オーナー・シェフの石橋さんは、在スイスの日本大使館、在イタリアの
日本大使館の料理長などを務めた人です。

【タイのカルパッチョ 博多あまおうソース サラダ仕立て】(1600円税別)
あっさりした鯛の刺身、そこに加わる博多あまおうの甘さと酸味がよく合います。
少し苦みのあるスパイシーミックスリーフと一緒に食べても美味しいです。

【博多あまおういちごのピッツァ】(1400円税別)
石橋シェフお得意のデザートピッツァです。
ソースは、ヨーグルトをベースに、博多あまおうペーストを入れたもの。
その上に博多あまおうをのせ、高温の薪窯で一気に焼きます。

いかがですかっ!
これらのメニューは、3月31日までの期間限定です。
はっきり言って、激レアなメニュー!
これを逃すと、もう食べられないかもしれません。
詳細は、現在発売中のソワニエプラスをご覧になるか、
こちら
にも写真付きで掲載しています。
是非、チェックしてください。

来週は、博多あまおうの豆知識をご紹介します。



食べものとお酒の関係に注目する、「飲んで、うまい 食べて、うまい」

米焼酎は、究極の食中酒。
つまり、どんな食べ物とも相性が良いというわけです。
このコーナーでは、米焼酎と食べ物を合わせる、
つまり、ペアリングを追求していきます。
今日も、福岡のお店で見つけてきた、米焼酎とのペアリングを紹介しますよ。
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?

今週は、「和こじま」です。

「和こじま」

haku20200313_1_1.jpg

福岡市中央区高砂1-11-8 今西ビル 1F
092-525-0520
11
30 - 1400L.O1330)、1800 - 2200(コースL.O.2000
店休日 日曜日 祝日
http://www.wa-kojima.jp/

haku20200313_2.JPG
日赤通りから少し入った場所にある、隠れ家風な大人の和食のお店です。
季節を感じさせる日本料理全般を扱いながら、少しくずした料理もあります。
昔ながらの伝統的な日本料理を踏襲しつつ、
新しいスタイルを入れ込み、スタイリッシュになった料理を提供しています。

haku20200313_3.JPG
ランチ
丼、お膳などは当日でも可
コースは2000円からあり、要予約です。(お一人様から可)

ディナーは完全予約制で、コースのみの提供となります。
5000
円からあり、人気は8000円のコース。
内容は月替わり。
現在は山菜や筍、空豆などの春野菜をふんだんに使っています。
コースの流れは、前菜で小鉢の5種盛り、吸い物(または、小鍋仕立て)、
お造り、煮物、焼物、揚物、御飯、デザートです。

二部営業
20
時から利用できます。
大皿で用意した惣菜67種類の中から3品選んで頂き、1000円です。
後は、飲み物を別で頼むという、ちょっとした和風バー的な使い方ができます。

さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?
haku20200313_4.JPG
この道25年。福岡のなだ万で修業した、
料理長の平林さんにお話をお伺いしました。
(価格は税別です。)

米焼酎とのペアリングをご紹介しましょう。

【甘鯛の吉野煮とわかたけ】8000円以上のコースの中の一品)
haku20200313_5.JPG
1
kg以上の甘鯛を仕入れているので、とても肉厚です。
甘鯛の身に、吉野葛をはたき、煮ているので、
表面にトロッとした幕ができています。
「わかたけ」は、新ワカメと筍の煮物。
ワカメは、ほんのりとする磯の香りが良いです。
筍は、先の柔らかい部分のみを使っています。
糠ゆがきして一日置き、さらに炊いて糠臭さを抜いた後、
もう一度ダシで炊くという手間をかけています。
添えている菜の花は、炊き方が上手で程よい食感。
家で作るのが面倒なウドも上品に仕上がっていました。
それらをまとめるのは、甘鯛のダシに葛を打って作った餡です。
アクセントに冥加を添えていました。
まさに、春を感じる一品です。

これに合わせたのが、謹醸しろ「金しろ」ソーダ割、通称キンハイです。
縦に長くてオシャレなグラスで出てきました。
「金しろ」の樽の香りが、甘鯛のような力強い食材に合います。


【牛テールと春野菜の香味焼き】8000円以上のコースの中の一品)
haku20200313_6.JPG
牛テールは、しっかり表面を焼いた後、6時間かけて炊いて、柔らかくします。
それをダシで炊いて味付けし、さらに香味ダレをかけて焼いたものです。
香味ダレは、塩、砂糖、香味野菜で作ったものです。
添えている春野菜も、焼いて角が取れていました。
この日は、ウルイ、空豆、スナックピース、塩トマト、新玉葱、アスパラガス。
茶色い牛テールの周りに春野菜を配することで、彩り豊かになっています。
山わさびと、
「バルサミコロゼ」というバルサミコをビーズ状にしたものも添えていました。
これらを使うと、途端に洋風になり、味に変化を付けられるので、飽きがきません。
牛テールは、ホントにトロトロでした。
春野菜も、単なる付け合わせではなく、牛料理の輪郭を引き立たせます。

これに合わせたのが、謹醸しろ「金しろ」ソーダ割、通称キンハイです。
先ほどは魚、今度は肉と、違う食材で同じ「キンハイ」を頂くとびっくり。
同じ米焼酎なのに、違った合い方をして、表情が変わります。


いかがですか?
「キンハイ」は、1杯650円です。

また、「和こじま特製 明太ラー油」90g730円税込)を販売していて、
1
か月に800個も売れる大人気商品です。
haku20200313_7.JPG
ラー油にたっぷりの明太子を浸け込み、異なる辛さが織りなす絶妙な味わいは、
店主が「御飯に合います」と自信を持っておすすめする一品です。

来週も、福岡で見つけた米焼酎とペアリングした一品を紹介していきます。
お楽しみに。


メシュラングルメ研究所です!!
様々な食材に関して、研究、新たなメニュー開発を
していこうじゃないかというコーナーです。

現在は、福岡が生んだ全国ブラント苺「博多あまおう」を研究しています。

★博多あまおうとは
あまおうという親しみやすい名前は、県内での公募によって命名されました。
「赤い」「丸い」「大きい」「うまい」の頭文字を合わせたもので、
「甘いイチゴの王様になれるように」との意味も込められているそうです。
世界最重量のいちごとして、ギネスワールドレコーズに認定されています。

そのままでも美味しい「博多あまおう」ですが、なんと、
JA全農ふくれんとブチカン、「ソワニエ+」で、考えた企画が・・・

『博多あまおう GOURMET PARTY MONTH』!!

3
10日(火)から31日(火)まで、福岡の人気飲食店、洋菓子店、12店舗とコラボ。
博多あまおうを、新しい感覚で楽しんでもらいます!!

そのお店は、・・・
博多漁家「磯貝」
九州の旬 博多廊
蔵音
ラ・カーサ・ディ・ナオ
ピッツェリア・ナオ
ダ・フチガミ・ハカタ
薬院 一五
博多らーめん Shin Shin
パティスリー・ルイ
お菓子の工房 オペラ 本店 / 松崎店
フランス菓子 ペイ・バスク

今日は、その中から、2店舗をご紹介しましょう。

Patisserie Rui
春日市岡本6-15
092-558-8083
営業時間 : 10:30 - 18:00  
定休日 : 火・水曜日

<お店の特徴>
オープンして9年目になる、フランスの伝統的なスタイルに
オリジナリティを加えたスイーツが楽しめるお店です。
A
級グルメ大食覧会にも参加して頂いています。
フランス最優秀技術者賞を受賞した、フランク・フレッソンのもとで、
フランス菓子と惣菜の修行をしたオーナーシェフの吉村さん。
伝統を受け継ぎながら、惣菜作りの技法を用いて、料理のように
季節の素材をケーキへと変えていきます。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおういちごのキャトルズ(14?)】
566円税別)
スーパーゴージャスなエクレアです。
エクレアといえば、日本では生地がフワフワとした感じですが、
フランスでは固めの生地を使います。
エクレア生地を上下2つに切り、
ヴァローナのブロンドチョコレートで作ったキャラメルクリームを流し込みます。
その上に、バルサミコで軽く煮た博多あまおういちご、
ペルノ風味の博多あまおういちごのジャムを重ね、
フレッシュな博多あまおういちごを4個並べます。
いちごの間には、イタリア・ブロンテ産のピスタチオを使ったクリームを添え、
生地で蓋をし、ローストしたピスタチオと粉砂糖をまぶします。
サクッとした食感の生地に博多あまおういちごとピスタチオのクリーム、
さらに、博多あまおういちごのペーストとジャムが繰り出す、
「大人の博多あまおういちごのケーキ」です。
見た目もキレイで、インスタ映え間違いなし。


★La casa di Nao ラ カーサ ディ ナオ
福岡市中央区薬院4-8-6
092-404-7030
営業時間 1130?1400 / 1800?2330L.o 22:00
定休日 水曜日
http://www.naosan.co.jp/

<お店の特徴>
オーナー・シェフの石橋さんは、在スイスの日本大使館、在イタリアの
日本大使館の料理長の後、渋谷のタント・タント、ラ・マニーナなどを立ち上げ、
この店を構えて独立。日本にデザート・ピザを持ち込んだ人です。
2003
年には、『TVチャンピオン・ピッツア職人選手権』で優勝した実力の持ち主。

<博多あまおうのメニュー>
【タイのカルパッチョ 博多あまおうソース サラダ仕立て】
1600円税別)
鯛は和食の刺身の2倍ほどの厚さにし、皮目を残して湯霜仕立て。
鯛とカットした博多あまおうを皿に並べ、博多あまおうソースをかけます。
このソースは、博多あまおうのペーストに、
オリーブオイル、レモン汁、塩、胡椒を加えたものです。
それに、スパイシーミックスリーフを添え、サラダ仕立てにしています。
あっさりした鯛の刺身、そこに加わる博多あまおうの甘さと酸味がよく合います。
少し苦みのあるスパイシーミックスリーフを食べても美味しいです。
白ワインを飲みたくなる一品です。

【博多あまおういちごのピッツァ】1400円税別)
石橋シェフお得意のデザートピッツァです。
ピザ生地に塗るソースは、ヨーグルトをベースに、
博多あまおうペーストを入れたもの。
その上に博多あまおうをのせ、高温の薪窯で一気に焼きます。
仕上げに、振った粉糖は、まるで雪のようです。
ソースのピンク色と真っ赤ないちご、
そして雪ような粉糖のコントラストが、とても綺麗です。
生地の薄いローマピッツァなので、お腹にもたれず、最後のデザートにぴったりです。
甘さも控えめで、デザートの他、ワインと一緒に頂いても良いです。

いかがですかっ!
これらのメニューは、310日から31日までの期間限定です。
はっきり言って、激レアなメニュー!
これを逃すと、もう食べられないかもしれません。

これらのお店の情報は、こちらにも写真付きで掲載しています。
是非、チェックしてください。

来週は、博多あまおうの豆知識をご紹介します。



食べものとお酒の関係に注目する、「飲んで、うまい 食べて、うまい」

米焼酎は、究極の食中酒。
つまり、どんな食べ物とも相性が良いというわけです。
このコーナーでは、米焼酎と食べ物を合わせる、
つまり、ペアリングを追求していきます。
今日も、福岡のお店で見つけてきた、米焼酎とのペアリングを紹介しますよ。
さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?

今週は、「博多串工房 フタクチ」です。

「博多串工房 フタクチ」

haku20200306_1.JPG

福岡市博多区博多駅前3-22-5 Mビル2号館 7F
092-292-5610
17:00 - 25:00
L.O.24:00 ドリンク24:30
店休日 年に23

haku20200306_2.JPG
博多駅博多口から歩いて45分の場所のビルの7階になります。
できて3年目になる、旬の素材を使った創作串料理のお店です。
「ふたくちで食べる串」がコンセプト。
定番から、ちょっと変わった創作ものまであります。
例えば、「鯛焼きパイ包み」(250円)は、魚のすり身を
鯛焼きの形をしたパイ生地で包んで焼いたもの。
「マッシュルーム アヒージョ風」(150円)、「サバ赤ワインソース」(150円)、
「ズッキーニとラルド」(120円)などもありました。
全部で、40種類ほどあるので、選ぶのに迷ってしまいます。
最近流行っている低温調理のメニューもあり、ナマモノが苦手な方に好評です。

さあ、どんな料理と合わせたのでしょうか?
haku20200306_3.JPG
店長の是久さんにお話をお伺いしました。


人気メニュー(価格は税別です。)
【あっさり鶏白湯 串鍋】1280円)
【もも串】120円)
【レンコンの豚巻き 大葉ソース】150円)


それでは、米焼酎とのペアリングをご紹介しましょう。

【もも串】120円)
haku20200306_4.JPG
2
つしか刺さっていませんが、どちらも大きさがあります。
もも肉が2個刺さっていますが、1つが朝引きの若鶏、
もう1つが、親鶏になり、味や食感の違いを楽しめます。
自家製ブレンドの塩が添えてあるので、お好みで。

haku20200306_5.JPG
これに合わせたのが、謹醸しろ「金しろ」ソーダ割、通称キンハイです。
アメリカンホワイト樽、コニャック樽、シェリー樽の3種の樽の中で
熟成させた本格米焼酎を、絶妙のバランスで配合し、
さらにそれを本格米焼酎「しろ」とブレンドしたものです。
この樽の香りがよく、ガツッと鶏の味を受け止めてくれます。


【あっさり鶏白湯 串鍋】1280円)
haku20200306_6.JPG
なんと、普通に焼物で並ぶ串が8本と鳥白湯の入った鍋が出てきました。
haku20200306_7.JPG
串の内容は日替わりで、この日は、もも、胸肉、ホタテ、タラ、
豚バラで巻いたトマト、ズッキーニ、エリンギ、牛肉で巻いた水菜でした。
この鍋でしゃぶしゃぶのように火を通してから頂くのですが、
素材の味だけではなく、鳥白湯の濃厚な旨味も一緒に味わえて、美味しいです。
辛味が欲しい人には、柚子胡椒、かんずりもあるので、お好みで。
締めには、プラス300円で、雑炊にもできるので、鶏白湯を余すところなく楽しめます。

これに合わせたのが、吟麗しろ「銀しろ」ソーダ割、通称ギンハイです。
吟醸酵母を使い低温発酵で丁寧に造った本格米焼酎なので、
ソーダで割ると、なぜかラムネのような甘さが出ます。
鶏白湯の旨味うもよく合います。


いかがですか?
ここはカウンター、テーブル席、個室、半個室などもあり、
最大66名まで使える宴会場もあります。
コースは、「あっさり鶏白湯 串鍋」と飲み放題まで付いたもので5000円、
焼き串を中心とした飲み放題付のコースで4000円があります。
是非、ご利用下さい。

来週も、福岡で見つけた米焼酎とペアリングした一品を紹介していきます。
お楽しみに。



メシュラングルメ研究所です!!
様々な食材に関して、研究、新たなメニュー開発を
していこうじゃないかというコーナーです。

現在は、福岡が生んだ全国ブラント苺「博多あまおう」を研究しています。

★博多あまおうとは
あまおうという親しみやすい名前は、県内での公募によって命名されました。
「赤い」「丸い」「大きい」「うまい」の頭文字を合わせたもので、
「甘いイチゴの王様になれるように」との意味も込められているそうです。
世界最重量のいちごとして、ギネスワールドレコーズに認定されています。

そのままでも美味しい「博多あまおう」ですが、なんと、
JA全農ふくれんとブチカン、「ソワニエ+」で、考えた企画が・・・

『博多あまおう GOURMET PARTY MONTH』!!

3
10日(火)から31日(火)まで、福岡の人気飲食店、洋菓子店、12店舗とコラボ。
博多あまおうを、新しい感覚で楽しんでもらいます!!

そのお店は、・・・
博多漁家「磯貝」
九州の旬 博多廊
蔵音
ラ・カーサ・ディ・ナオ
ピッツェリア・ナオ
ダ・フチガミ・ハカタ
薬院 一五
博多らーめん Shin Shin
パティスリー・ルイ
お菓子の工房 オペラ 本店 / 松崎店
フランス菓子 ペイ・バスク

今日は、その中から、2店舗をご紹介しましょう。

★お菓子の工房オペラ・筥松本店
福岡市東区筥松新町4-12
Tel: 092-611-1197
営業時間: 10:00 - 19:00
定休日: 毎週火曜日

★お菓子の工房オペラ・松崎店

福岡市東区松崎3-14-1
Tel: 092-629-3232
営業時間: 10:00 - 19:00
定休日: 月曜日(祝日の場合は、翌日)

http://www.opera-sweets.com/

<お店の特徴>
オーナーシェフの濱田さんは、福岡やフランスで修業し、
21
年前に筥松本店をオープン。
現在は、筥松本店と松崎店2店舗で営業されています。
「濱田シュー」と「純生ロール」という名物もあり、
「自然・産地・旬」をテーマに、数十種類のケーキが店内には並びます。
濱田さんは、隠し味にお酒を結構使い、濱田シューにも隠し味として、
トリプルセックと言うお酒を入れています。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおういちごのタルトレット】
600円税別)
ホール(切り分けて食べる20?30?の大型)のものがタルト、
1
個ずつ一人用に作った小型のものが、タルトレットになります。
一般的に、一番下の生地(受皿みたいになっている部分:タルトカップ)は、
アーモンドの粉を使った、クレーム・ダ・マンドが多いのですが、
今回はあえて、バターと薄力粉を使ったクッキー生地。
そうすることで、いつまでも生地のサックリ感が保たれます。
タルトカップの内側をチョコレートでコーティング。
その中に、あまおうのジュレを入れたあまおうピューレ、
その上には、カスタードクリーム、博多あまおう苺を4個のせ、ナパージュ。
透明でキラキラしたナパージュには、フランボワーズのピュレを少量加え、
複雑な酸味を出しています。
カスタードクリームには、濱田さんお得意の隠し味、
「ネグリタ」というダークラム酒を加え、味に深みを出しています。
タルトと苺の間には、スポンジを乾燥させて粉砕したケーキクラムもあり、
白いケーキクラムで真っ赤な博多あまおう苺も映えます。
クッキー生地のサクッとした食感が良いです。


★九州の旬 博多廊
福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス 5F
092-687-5656
営業時間 日曜〜木曜 11:00-15:00(L.O.14:00) / 17:00-23:00(L.O.22:00)
金・土・祝前日 11:00-15:00(L.O.14:00) / 17:00-24:00(L.O.23:00)
定休日:無休(年末のみ)
https://www.hakatarou.jp/top.html

<お店の特徴>
九州各地の食材、料理を楽しめるお店です。
料理長の佐々木達也さんは、福岡の日本料理店で修業を始め、
沖縄のホテルの料理長を務め、2011年にここの総料理長に就任しました。
この道30年。
食材は、福岡を中心に長崎などからも仕入れる魚介類や、
総料理長自らが産地へ足を運んで選び抜いたものを
九州各県だけでなく、全国から取り寄せています。
その料理に使う器も豪華で、料理に華を添えます。
九州の郷土料理を取り揃え、「来福客をもてなすお店」、
「コースを食べないといけない」と思う人も多いと思いますが、
一品料理が豊富なので、普通に通えるアッパー居酒屋としても良いです。

<博多あまおうのメニュー>
【博多あまおう苺 三種の最中】
900円税別)
マカロンぐらいの大きさの最中の中に3種類の白和えが入った前菜です。
?胡麻豆腐+海老芋+カラスミ+白和え
最中のなかに自家製胡麻豆腐を入れ、
ペースト状にした海老芋をのせ、からすみを振ります。
その上に白和え衣、博多あまおう苺をのせ、最中の皮で蓋をします。
和風マカロンのような感じです。

?蕪+スモークチーズ+鰹節+白和え
最中のなかに塩を振った蕪を入れ、
スモークチーズ、鰹節、白和え衣、博多あまおう苺を重ね、
最中の皮で蓋をします。
白和えなのに蕪のシャキシャキとした食感が良いです。

?焼き芋+安納芋+ブラックペッパー+白和え。
最中のなかに丸十(薩摩芋)の蜜煮を入れ、安納芋のペーストを重ねます。
on芋です。
しかし、甘みが違うもの同士が重なり、複雑な味になってます。
その上に、ブラックペッパーで味を締めた白和え衣、
博多あまおう苺を重ね、最中の皮で蓋をします。
丸十の蜜煮がいい仕事をしています。
さつまいもの甘さ、あまおうの酸味、それをうまく白和え衣が包みます。

どれも一口で食べる和食の前菜です。
日本酒以外にもスパークリングやドライな白ワインも合います。

【博多あまおう苺 和風ティラミス】700円税別)
日本酒などに使う一合升が器になっています。
一合升の底には、大納言の粒餡がたっぷり。
生クリームと牛乳をメインに作ったティラミス生地を流し込み、
博多あまおう苺のソースを重ねます。
この博多あまおう苺のソースは、砂糖を極力控え、
水なしで煮詰めたジャムをミキサーにかけたもの。
上には、フレッシュな博多あまおう苺をトッピング。
升の縁には、抹茶をスノースタイル風にデコレーション。
抹茶のグリーンに、真っ赤な博多あまおう苺が映えます。
ティラミスとプリンの中間のようなクリーミーな食感で、甘さも控えめ。
升を使うことで、ほんのり木の香りがして、和のデザートという感じです。
ミントのアクセントも良いです。

いかがですかっ!
これらのメニューは、310日から31日までの期間限定です。
はっきり言って、激レアなメニュー!
これを逃すと、もう食べられないかもしれません。

これらのお店の情報は、こちらにも写真付きで掲載しています。
是非、チェックしてください。

来週も、『博多あまおう GOURMET PARTY MONTH』のコラボ店を紹介します。