FM 福岡 FUKUOKA

MORNING JAM

問題です!

バックナンバー

2024-04-24(水)

今日、このあと

道でばったり、宇宙人と遭う...

ことがあるかもしれません。

でもその時、何を聞かれても

一切 答えてはいけない、と決められています。

どうして答えちゃダメなんでしょう?

答え:地球人代表の見解になってしまうから

これは国連が各国に注意を促していること。
1967年、国連は「宇宙条約」を発行。地球外生命を発見した場合は国連に連絡することが定められている。
「もし宇宙人に遭遇し、何かを聞かれても答えないでください」ということになっている。
もし、そこで答えてしまうと、それが「地球全体の総意」ととらえてしまう可能性があるから。
なので宇宙人に出遭ったら、まず国立天文台に連絡してください。

答えはこちら

2024-04-23(火)

イカは 1匹 2匹 ではなく、

1杯、2杯と数えます。

何故でしょう?

答え:胴体を容器として使えるから

通常、生き物は 1匹2匹と数えるがイカは1杯2杯と数える。
これはイカの形から生まれた数え方。
イカは胴体が筒状で盃としても使える。実際、イカ飯やイカ徳利のようにイカの胴体を容器として使うこともある。
そこから1杯2杯と数えるようになった。タコも同様。(だが、イカが先と思われる)

ちなみにカニやアワビも「杯」で数えることがある。胴体ではないが、甲羅や貝殻を盃として使うことから「杯」で数えるようになった。

答えはこちら

2024-04-22(月)

ここ数年で、中国の若者の食卓に

欠かせなくなったおかず、「電子ザーサイ」。

食べ物、ではありません。

何のことでしょう?

答え:10〜20分の短い動画(またはオーディオ)

中国の若者の間ではここ数年で、テーブルの上にタブレットやスマホをセットした後、食事を始めるのが習慣となっている。食事をしながら「おかず」のように動画を楽しむことから、10〜20分の短い動画を「電子ザーサイ」と呼んでいる。
SNS上ではスポーツのハイライトやバラエティー番組のダイジェスト、ゲーム配信、音楽などの「電子ザーサイ」動画があふれている。音楽や動画を配信する人の多くも、自分の作品に「電子ザーサイ」や「おかずになるVlog」といったタグを付けて投稿している。
元来、中国では外食でも家族や友人と一緒に、大皿料理を何点か注文して箸をつつき合うのが当たり前で、日本のように定食メニューが豊富な飲食店は多くない。しかし、2020年からのコロナ禍により「ステイホーム」を余儀なくされ、若者を中心に食事のデリバリーが急増。自宅で1人で食事をする機会が増えた。また、働き方の変化で、中国では残業や休日出勤が必要な企業も増加。深夜に帰宅し、1人で食事をするライフスタイルが若者の間で広がっている。
この「電子ザーサイ」需要の高さを反映して、最近はSNSで「10分間ドラマ」の制作が増えている。中国の動画配信サイト「芒果TV(Mango TV)」では視聴回数が6億回を超えたショートドラマもある。「スマホでドラマの最初の5分だけ見て、つまらないと思ったらスワイプする」という若者が増える中、制作時間も制作費も少なくて済むショートドラマは、需要にマッチしている。「無駄なく短時間で楽しみたい」という心理を反映した「電子ザーサイ」やショートドラマの流行は、1人で過ごす時間が増え、忙しい日々に追われるライフスタイルの象徴と言える。

答えはこちら

2024-04-19(金)

なぞなぞの森~

こうじくんに日曜日の予定を尋ねると、

なぜか森に連れて来られました。

森の木の本数を数えてみると、

500本に、6本足りません。

こうじくんの「予定」って、なーんだ?

答え:始球式

森には、494本の木があるので、「494木」…「し・きゅう・し・き」…

答えはこちら

2024-04-18(木)

インドではカレーを手で食べる

というのは よく知られてる話。

ですが、今、手で食事をする人の数が

急激に減ってきているそうです。

何故でしょう?

答え:スマホが汚れるから

インドは手で、しかも右手だけで食事をするというのはよく知られるマナー。
しかし最近、若者を中心に手を使わず、スプーンやフォークで食事を摂る人が急激に増えている。
それは、スマホが汚れるから。
インドに限らず、世界の4割が手で食事をするといわれているが、スマホの普及で、どこの地域も手で食べる割合が減少しているという。

答えはこちら

2024-04-17(水)

高さ450メートルの東京スカイツリーの展望台と、

高さ0メートルの地上の2か所に

とっても正確な時計を設置して、

ある 実験が行われました。

この実験で正しいことが証明された

科学の理論。何でしょう?

答え:相対性理論(一般相対性理論)

地上450mのスカイツリー展望台と地上の標高差を利用してアインシュタイン博士の一般相対性理論による時の流れの違いを検証する実験が2019年に行われた。

「一般相対性理論」では、地球の中心に近く重力が強い場所ほど、時計はゆっくり進み、標高が高く重力が弱くなるほど時計は早く進む。
東京大学が開発した「100億年たっても1秒もずれない」精度の「光格子時計」を2台、スカイツリーの上と下に設置。
すると、1日あたり10億分の4秒(4ナノ秒)展望台の方が早く進んでいることがわかり、一般相対性理論通りのズレが結果として得られた。

答えはこちら

2024-04-16(火)

混ぜると膜に傷がついて

中から脂肪が出て、空気を取り込みながら

脂肪の球が ふんわり つながっていきます。

もっと混ぜると、含んでいた空気を離して

脂肪の球が強くくっつき、黄色に変色します。

これ、何でしょう?

答え:生クリーム

乳脂肪分が35%以上の「生クリーム」は混ぜて泡立てると「ホイップクリーム」になって、さらに混ぜると「バター」になる。
その原理を説明したもの。
「生クリーム」を泡立てると、脂肪球膜に傷が付き、中の脂肪分が出てくる。この「脂肪球」が空気を抱き込みながら網目のようにつながって液体からホイップにに変わる。
しかし泡立てすぎると、抱き込んでいた空気を外に出して、脂肪球自体が集まってがっちりくっつくようになる。
さらに黄色くバサバサになり、黄色に変色して固まる。これが「バター」。バターになるともうホイップには戻らない。

答えはこちら

2024-04-15(月)

木目・つまり「茶色」、もしくは「緑」や「赤」

だったのが、日本がきっかけで、

今は世界中にあるほとんどのこれが

「黒」になりました。

何でしょう?

答え:ピアノ

1709年にイタリアで発明されたピアノは、元々チェンバロから発展したものだが、そのボディーは木目か緑色や赤色に塗られ、金色の装飾を施したものがほとんどで、黒いものはなかった。
ブルジョアの台頭とともに発展した後も、200年近く木目にニスを塗ったものが主流だった。
江戸時代も終わりに近い1823年、シーボルトによって初めて日本にピアノが持ち込まれ、国内でピアノが作られるようになったのは1900年代初頭。その際、日本はヨーロッパに比べて湿気が多く木目のピアノだと劣化する恐れがあった。そこで、湿気に強い「漆」を使ってピアノを塗装した。
その後、ヤマハやカワイが一時期、木目調のピアノの生産も行っていたが、工程にかなり手間がかかるのと、石油化学の発達により、漆に代わるポリエステル等の黒色塗料が高性能で低価格になった。こうして日本で作られた黒塗りのピアノは、見た目に高級感があり、演奏者を引き立てる効果もあって、あっと言う間に世界中に普及した。
現在、世界におけるピアノの生産量はヤマハが1位、カワイが2位。精度や耐久性に優れた高品質な日本のピアノは、世界で認められ、トップシェアを誇っている。

答えはこちら

2024-04-12(金)

なぞなぞうきうき~

春で浮かれて、何かをしすぎたこうじくん。

急に、「目が痛い」と叫びはじめました。

こうじくんがしすぎたことって、

なーんだ?


(原案:T&Yなぞなぞサイト)

答え:お酒を飲みすぎた

お酒飲みすぎて、「酩酊(めいてい)」、「目痛(いて)え~」…

答えはこちら

2024-04-11(木)

日本で初めて、人工衛星が打ち上げられたのは

54年前、1970年のこと。

東大と日産が共同開発した、L-4Sロケットで

人工衛星の「おおすみ」を打ち上げました。

実はこのL-4Sロケット、姿勢や軌道を制御する

誘導装置が付いていません。

といっても、開発する能力がなかったわけではありません。

では、何故 誘導装置が付けられなかったんでしょう?

答え:軍事に転用されないため(と理由で反対されたため)

1970年2月11日、日本初の人工衛星が内之浦から打ち上げられた。
この衛星を打ち上げた、L-4Sロケットには今では考えられないことだが誘導制御装置がなかった。
これは開発能力がなかったわけではなく「誘導装置はミサイル開発につながる」として日本社会党から反対されたため。
では、「おおすみ」はどうやって衛星軌道に乗せることが出来たのか。
ロケットの打ち上げ後、軌道をななめにすると地球の重力によって段々と水平に近づく。水平になった時に、再び燃料を燃やして地球の重力とつり合う(落ちない)速度にした。
「おおすみ」は33年間軌道上を飛びつづけた。

答えはこちら

1 2 3 4 5 6 7